<   2017年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

jippii

e0061304_19532359.png
e0061304_19534438.png

jippiiと書いてイッピーと読む。

フィンランド語だ。

フィンランド発の子どもゴスペルを、私たちの教会の子どもたちに紹介し、楽しく賛美している。

夏休みの終わりに、そんな子どもたちの発表会があった。

日ごろの練習の成果を発揮し、緊張していたけど、元気いっぱい歌うことができた。

ハレルヤ🎶


[PR]
by marquee_m | 2017-08-27 23:50 | towa | Comments(0)

ホロホロ札幌

e0061304_00183421.jpg

e0061304_00183444.jpg

e0061304_00183513.jpg


上から順に、ザンギ、ジンギスカン、味噌ラーメン。2泊3日の札幌出張中、仕事の合間に北海道うまいもんフェア開催。

ザンギって何? と思って食べてみたら、何てことはない、甘辛のタレに漬け込んで揚げた唐揚げでした。

これらの他にも蕎麦や海鮮ものもひと通り手を付けた。同行した地元の同僚によると、あとはスープカレーだそうだ。知らなかったが、札幌が発祥の地とのこと。

これはまた次回のお楽しみということで。
[PR]
by marquee_m | 2017-08-25 23:12 | songchi | Comments(0)

10才7か月

e0061304_20331859.jpg

e0061304_20331918.jpg

e0061304_20332016.jpg


夏休みのうちにパパと2人きりでお出かけしたいと前々から請われていて、もう小学5年生なのにいいのかなぁという気持ちと、一緒に出かけたいだなんて嬉しいじゃないかという気持ちとが交錯するものの、そりゃ嬉しいに決まってるわけで、どこに行きたいのかと聞いてみると、イオン! と元気よく答えるものだから、ちょっとズッコケた。

モールをブラブラしたい、いろいろ見たいものがあるから、がその理由だったが、いざ行ってみると、文房具でシャーペンを買って、ジグソーパズルを品定めして、バレエシューズを試着して、楽器屋を覗いてと、始めから決めてたというよりは、ブラブラしながら興味のおもむくままに店に入っていたような気がする。

ま、いっか。

シメはカフェでお茶することになっていて、チョコバナナのパンケーキとオレンジジュースで、ニコニコご機嫌になっているとわちがなんとも愛おしかった。

3時間の楽しいデートであった。


[PR]
by marquee_m | 2017-08-18 19:51 | towa | Comments(0)

ピザ作り

e0061304_08341286.jpg

e0061304_08341256.jpg

e0061304_08341329.jpg

e0061304_08341486.jpg

e0061304_08341557.jpg


ドライイーストと砂糖をぬるま湯で溶かし、そこに強力粉と薄力粉をそれぞれ100グラム振るって混ぜ合わせる。

ひと晩寝かせて発酵させる。

3倍ほどに膨らんだ生地をめん棒で伸ばして、そこにトマトソースとチーズでドレス。

250度のオーブンで焼くこと7分、仕上げにバジルの葉を何枚か落として、はい、マルゲリータのできあがり。

バジルの葉が大量にとれたから、もう1枚はジェノベーゼに。

自分たちで作ったピザ、美味しくないわけがない。家族に笑顔をもたらす幸せな調理実習でした。

[PR]
by marquee_m | 2017-08-17 22:10 | towa | Comments(0)

芭蕉記念館にて

e0061304_16364753.jpg

e0061304_16364788.jpg

e0061304_16364888.jpg


江東区は深川の芭蕉記念館に行った。

先日、大垣の結びの地記念館に行ったことから、とわちの夏の自由研究が「奥の細道」に決まり、じゃあ出立の地にも行かねば! と意気込んで出かけたのでした。

電車で片道1時間、都営新宿線の森下駅から徒歩10分ほどで記念館に到着。

当時の資料をたくさん見ることができ、あいにくの雨だったけど、それがまたオツでよかった。

とわちの1句。
「芭蕉見て ついにうたた寝 雨の音」

ついでに僕も1句。
「雨の盆 蕉館来たり 深き河」
[PR]
by marquee_m | 2017-08-15 16:15 | towa | Comments(0)

小学生バイブルキャンプ

e0061304_20221844.jpg

e0061304_20221892.jpg


奥多摩バイブルキャンプも今年で3回目。

パッキングもさすがに手馴れたもので、ほとんど自分でやってしまった。同じ教会から11人の小学生が参加したから、不安なんて微塵もない。

3泊4日、ほぼ毎日プールで遊び、聖書を学び、元気に賛美し、美味しいご飯をみんなでワイワイ食べて、大いに楽しんだ。

迎えに行って見た子どもたちの表情で、このキャンプが大成功だったことがわかった。新しい出会いもあってよかった。

来年は6年生、ラストになる。

[PR]
by marquee_m | 2017-08-11 19:47 | towa | Comments(0)

テアトル新宿で

e0061304_21034641.jpg


とわちがキャンプに行っている期間、夫婦で過ごす時間を楽しくするために街に繰り出す。

気になる映画があったから、それを目当てに新宿へ。

「海辺の生と死」という映画。

奄美大島を舞台に1945年の夏を描いた映画。島の様子や時代の空気感を感じながら、海軍の男と現地の女の恋模様を追いかける。

言葉少なであるから、表情や仕草から心情を読み取らねばならない。それが映画の面白いところでもある。

現地の女、小学校の先生をしているトエ、を演じる満島ひかりの好演が際立った。アイドル上がりとは思えない迫真の演技。

それがこの映画の一番の収穫だったかもしれない。


[PR]
by marquee_m | 2017-08-09 23:54 | songchi | Comments(0)

テディベア

e0061304_18540514.jpg

e0061304_18540506.jpg

e0061304_18540699.jpg


テディベア作りのワークショップに飛び入りで参加したとわち。

持ち前の器用さと根気をフルに発揮して、ほんの1時間ほどで完成させてしまった。

裁縫はまだ最近学校で習ったばかりなのに、たいしたもんである。

先生も大変驚かれていた。

さぁ名前はどうしようね。
[PR]
by marquee_m | 2017-08-06 17:51 | towa | Comments(0)

納涼祭からの

e0061304_18494468.jpg

e0061304_18494517.jpg

e0061304_18494594.jpg


弟の住む地区で納涼祭があり出かけた。

なんともベタな田舎の集いで、そのノリが居心地よくって、つい飲みすぎてしまった。

実家に戻って、兄弟集まって、家呑み。

ふだんはそれぞれの生活を送っている家族が、一堂に会し語るこの時間が好きだ。

家族への感謝と愛しさが溢れる。


[PR]
by marquee_m | 2017-08-05 22:45 | towa | Comments(0)

結びの地記念館

e0061304_18443364.jpg

e0061304_18443450.jpg

e0061304_18443494.jpg


帰省した。

地元の大垣市は松尾芭蕉「奥の細道」の結びの地として有名である。

住んでるときはそのよさに気付かずにいたが、離れてみると地元がどれだけ良いところであるかに気付かされる。

旅の結びの地であると同時に、人と人、文化と文化を結ぶ地でもあった。

学芸員さんにそう聞いて、深く頷いた。

城下町として、宿場町として、港町として、そうして江戸時代に賑わったこの街のことを想像するのは楽しい。


[PR]
by marquee_m | 2017-08-04 18:27 | towa | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧