<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

もちつき大会

e0061304_16292565.jpg

e0061304_16292654.jpg


地元の工務店さん主催のもちつき大会に顔を出した。

午後遅めに行ったところ、お昼どきはとんでもない混雑ぶりだったようで、ちょうどいい頃合い。たぶん200人とか300人とかのお客さんが来てたんじゃないかと想像する。

敷地内では、勇壮なかけ声とともに、男衆が餅をついている。女房は餅米を蒸かす班と、ついた餅にきなこやあんこをつける班とに分かれて忙しく動き回っている。辺りは、蒸かした餅の何とも言えない香りでいっぱい。

あぁこの感じ。

遠い記憶が匂いにつられて甦ってきた。小さい頃、近くの神社でやっていたもちつき。子どもが近寄りがたい大人の世界がそこにはあった。酒を呑んで大声で話す男たち。笑ったり怒鳴ったり歌ったり、いつも見ているおっちゃんたちが変貌してしまうのが怖かった。

そんなことをつらつらと思い出した。

他には、モツ煮や焼き芋、牛の丸焼き! 子ども向けには、ポップコーンや綿あめまで。禁酒中なのでアルコールは摂取しなかったけど、生ビールサーバーあり、地酒ありの大盤振る舞いでした。

とわちは子ども用の杵を持って、ペッタンペッタンがんばりました。ついでに、お父さんもがんばりました。

e0061304_22192041.jpg

[PR]
by marquee_m | 2014-12-28 08:07 | towa | Comments(0)

おうちDEクリスマス

e0061304_12565638.jpg

e0061304_12565727.jpg

クリスマスの諸々イベントの最後は、家族でクリスマス会。

今年のプレゼントは、アメリカで大流行とやらのレインボールームと、図鑑。図鑑は3年連続で、今年は動物。なんとDVD付きだ。業界の競争も激化してるようだ。

ディナーにと、チキンやマッシュポテトを用意し、しずか手づくりのケーキもおでまし。いやぁおいしかった。

今年も健康が守られ、無事にクリスマスを迎えることができました。感謝感謝。

さて、ぼちぼち帰省の準備をしましょうかね。
[PR]
by marquee_m | 2014-12-26 10:51 | towa | Comments(0)

イブ礼拝

e0061304_12493889.jpg

イブの夜、駅前でキャロリング。

この街に神の福音が伝わりますようにって、祈って、みなで声を合わせる。

荒野のはてに、諸人こぞりて、聖しこの夜など、誰もが知っているクリスマスキャロルを駅周辺の数箇所で歌う。

e0061304_12493984.jpg


教会に戻って暖を取ってから、イブ礼拝に出席した。

イエスキリストの誕生を預言したイザヤ書から、降誕を記したルカ書を通読し、賛美歌を歌い、キャンドルに灯をともす。

寒さの中にあって、心の中からじんわり温まるような感覚を味わい、厳かな雰囲気に身を委ねるのでした。

メリークリスマス!
[PR]
by marquee_m | 2014-12-25 14:05 | songchi | Comments(0)

ゴスペルコンサート

e0061304_12445489.jpg

e0061304_1244559.jpg

昨年末から参加するようになったキッズゴスペル。

聖書の学びと重なる日は、学校から戻って、大急ぎで宿題を終わらせ、4時半からのゴスペルレッスンに滑り込む。レッスンが終わると足早に駅まで歩き、夕ごはん(たいていはサイゼリヤ)をかき込み、ここで仕事帰りの俺と合流し、電車に飛び乗り表参道に向かう。

と、こんな日が月に1、2回あって、それをしてもゴスペルも聖書の学びもやりたいとわちは、必死でがんばっていた。

感心する。

こうしてがんばってきたゴスペルの、お披露目の機会がやってきた。所沢のミューズというたいそう立派なホールで、キッズだけのコーナーで歌い、その後大人とも歌い、立派にやりきりました。

上気した顔で客席に戻ってきたとわちの満ち足りた表情。喜びを伝える上ずった声。めいっぱい楽しむことができたようだ。よかった。

神さまを賛美するゴスペル。

とわちのような小さな存在を通しても、神はその栄光を現してくださるのだな。
[PR]
by marquee_m | 2014-12-23 23:04 | towa | Comments(0)

表参道イルミ

e0061304_1224378.jpg

今年最後の聖書の学び。

9月から始まった出エジプト記は、後半の33章まで進んだ。

モーセがイスラエルの民を引き連れ、十戒の石板を神から授かるも、自堕落な民が偶像を拝み、不平不満を述べ、欲に溺れる。

そして
神が怒る。
モーセが詫びる。
神がねたむ。
モーセがなだめる。
神が憐れむ。
モーセがひれ伏す。

神がねたむことに、とわちは驚いていた。辞書をひいてみると、やきもちを焼くとあり、子どもにしてみれば、神さまをとても身近に感じたのではないかと思う。

今年最後の表参道は、しずかも一緒。イルミネーションの輝きを味わった。メリークリスマス。
[PR]
by marquee_m | 2014-12-22 23:20 | towa | Comments(0)

お菓子の家

e0061304_2044084.jpg

e0061304_2044090.jpg

アトリエでお菓子の家を作ってきた。

これで4回目。

毎年腕を上げているのがよくわかる。

今年のは完成度が高い。

しかも作業が早くなった(らしい)。

とわちこだわりの箇所がいくつもあって

たとえば

片側に「と」、反対側に「わ」、屋根に名前を入れた。

サンタさんが入ってこれるように煙突を付けた。

家の裏側には、ハシゴもある。

そして、たいていの飾り付けが左右シンメトリーに作ってある。

たいしたもんだ。

昨年は友だちに見せたところ、鑑賞するより先に食べられてしまった。

あの悲しさ(泣いちゃったからね)は、今も覚えているらしく

今年のは、家族にしか見せないと固く誓ってたようだ。

さて、みんなで仲よく食べるか。

きっと俺は食べすぎてしまって、とわちに咎められちゃうだろうな…。

ちなみに、こちらが昨年の作品。

e0061304_01440525.jpg

[PR]
by marquee_m | 2014-12-20 19:56 | towa | Comments(0)

7才11か月

e0061304_7593389.jpg

気付けば師走。

そして、気付けばもう来週クリスマス。

そして、今年が終わる。

秋が短かったのか、夏が長かったのか、それとも、冬が早くやってきたのか、よく分からないが、気付けば寒くなり、ストーブも手放せなくなった。

昨日は、母(つまり、とわにとってはおばあちゃん)の誕生日だった。

63才になった。

とわは、電話口で

「おばあちゃん、36才のおたんじょうびおめでとう!」

と言い間違えて、一同大笑いした。

愛らしいとわち。

とわの学年はインフルエンザが蔓延しており、学年閉鎖。

幸い、とわちは元気いっぱい。

週末から来週にかけて、クリスマスにちなんだ行事が盛りだくさんだから、どうか元気で過ごしてほしい。

楽しいクリスマスを過ごそう。
[PR]
by marquee_m | 2014-12-18 07:45 | towa | Comments(0)

チャペルJAZZコンサート

e0061304_1158477.jpg

毎年恒例の教会でのイベント。

JAZZベーシストの金子健さんが、以前教会に通っていらっしゃったご縁で、ここ数年開催している。

音楽の催しを教会で行なうのは、教会に来たことのない方にとっては、敷居が下がり足を踏み入れやすいだろう。

現に、コンサートの度に新しく教会に来られる方がいらっしゃる。

こういう小さな試みが、救いを必要としている1人ひとりに福音を伝えるきっかけになるだろうな。

これからも続くといいな、、、

観客として観るつもりが、照明を任され、2階のPAルームで1人スウィングするのでした。ツーッタカ、ツーッタカ♪
[PR]
by marquee_m | 2014-12-07 23:15 | songchi | Comments(0)

本日点灯!

e0061304_0123175.jpg

表参道のイルミネーション、本日点灯。

さすがの美しさ。

道行く人のほとんどが上を向いて、見惚れてる。

スマホをかざしてる人、多数。

俺ももれなく、One of them

寒さの中で、いい雰囲気だ。

なのに

いつも使ってる歩道橋は通行止め。

横断歩道の両端と真ん中には警備員がいて、立ち止まらないように拡声器で叫んでいる。

ちょっぴり興ざめ。

美しさも半減しちゃう。

清少納言なら、いとわろしとでも言うだろうな。
[PR]
by marquee_m | 2014-12-01 23:27 | songchi | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧