<   2012年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

すごいバランス

e0061304_20502158.jpg


e0061304_205022100.jpg


見よ!
とくに最上段の三角!
ゼッタイムリ! という俺の忠告を無視して
いとも簡単に、ひょいと積み上げてしまった。
常識にとらわれないチャレンジスピリッツと
自分ならできるという肯定感そして達成欲
なにより抜群のバランス感覚。
おそれいりました。
by marquee_m | 2012-08-29 20:45 | towa | Comments(0)

観察日記(4)

e0061304_21501169.jpg

帰省でたった二日家を空けただけだったのに…
向かって左側の芽がしおれてしまった。猛暑ゆえか。
いたしかたないか、と半ばあきらめて今朝水をあげたところ、夕方に見事復活を果たした。
高さ5センチを超えてきた。
夏は終わりになろうとしているが、この子たちはどう成長していくんだろう。
無事に花を咲かすまでになるんだろうか。
何粒か蒔いた種は結局2つ芽を出しただけ。
だからこそがんばって大きくなってほしいものだ。
とわちもMYじょうろで水やりに余念がない。
by marquee_m | 2012-08-27 21:48 | sunflower | Comments(0)

湖畔にて

e0061304_17344541.jpg

中央道でここに止まらないことはまずないってくらい、我々にとっては定番の休憩ポイント諏訪湖SA。日中は異常な暑さでとても8月下旬とは思えないんだけど、さすがに夕方になると湖面を撫でる風がそよそよと気持ちよい。大好きなスタバのカフェミストを飲みながら湖を眺めひと息入れている。
気持ちはいいけれど、ただいま後頭部の猛烈な頭痛に苛まれ、さらに首のリンパが腫れヘルペスも患い、カラダは疲労で悲鳴を上げている。
しっかりカラダのメンテナンスをして来週に備えなきゃね。明日はゆっくり過ごそう。
by marquee_m | 2012-08-25 17:33 | towa | Comments(0)

おたのしみ

e0061304_853864.jpg

義母の手術のため一時帰省。
かなり大掛かりなオペでしたが、無事に終わりました。
入院してちょうど二ヶ月、まだまだ時間はかかりますが
これからの順調な回復を祈るばかりです。

実家の母から地蔵盆で子どもにお菓子を配るからおいで、とお誘いがあり
夕食後、実家近くの公民館にみんなで出かけて行った。
地蔵盆、恥ずかしながら全く知りませんで、Wikipediaで調べてようやく分かった次第。

出向くとすでにたくさんの子どもたちが花火で遊んでおり
手ぶらのとわちも小学生に声をかけられ、手持ちの花火を何本かもらいました。
花火ができるなんて思ってもいなかったとわちは大喜び。
初めて会った町内の子どもたちと一緒になって遊ばせてもらいました。

やっぱりとわちには線香花火がよく似合うわ。
by marquee_m | 2012-08-24 19:58 | towa | Comments(0)

手作りパン

e0061304_141282.jpg

新しい家にはガスオーブンがある。
家でパンを焼くことが夢だったから、ゼッタイ譲れない物の1つでした。もちろん電気のオーブンレンジでできなくはないんだけど、調理はガスに限るというのが根拠のない持論だからね。
雑誌にちょっと変わったレシピが載っていたので、それを参考にはじめてのパンを作ることにした。何が変わってるかって、このパン、タマゴとバターを使わない。よって材料は、強力粉、砂糖、水、ドライイーストのみ。きなこパンのレシピだから、生地にきなこを20gほど混ぜ合わせたくらい。
もうひとつ変わってることは、イーストがわずか10gだってこと。つまり、発酵に時間がかかる。生地をこねてから寝かすこと3時間超、成形してからさらに1時間。ゆっくりじっくり発酵させて、それから200度のオーブンで13分、いっきに焼き上げる。
午後から作業をはじめ、成形まではとわちと協力し、夕食をとりお風呂にも入り読書もして、といろいろやり終えて、焼き上がり時間は日付が変わる直前。長い時間をかけた分イースト臭が全くなく、やさしい味わいのパンができあがりました。
こらからぼちぼち楽しむことにしよう。次は食パンかな。
by marquee_m | 2012-08-19 23:46 | cooking | Comments(0)

5才7か月

e0061304_2225361.jpg

多摩六都科学館に行ってきた。先月リニューアルして世界第4位の規模になったというプラネタリウムを目的に。ちなみに、第1位は名古屋でした!
ところが、チケットを購入しようと窓口に行くと、本日のプラネタリウムは完売したとのこと。ダーウィンミステリーという大型映像はまだ空きがあるというので、お目当てではなかったけどせっかく来たんだからと観ることにした。
で、この全く期待していなかった大型映像てのが、思いのほか楽しくてね、当初の不満が吹き飛んでしまったのでした。

科学館のホームページによると…

当プラネタリウムのデジタル映像投影システムは、ハイビジョン4台分の高精細プロジェクター4台によるもの。劇場デジタル映画の8倍の高精細映像に包み込まれる体験は、まさに圧巻です。
進化論で知られるダーウィンは、1831年から36年にかけてビーグル号で地球を一周する航海を行い、地域によって違う多様な生物と出会いました。
この多様性を説明するために考え出したのが、「自然選択説」です。それは、19世紀の科学の常識をくつがえす画期的なものでした。
ダーウィンが生涯をかけて追求した生命進化の真実とは? 迫真の映像と共に、ダーウィンのメッセージを読み取り、生命誕生から38億年の壮大な進化のドラマをたどります。
全天周映像ならではの迫力の立体感や臨場感とともに、ダーウィンとの旅をお楽しみください。オランダMirage3D社の力作。(約45分)

とわちは、というと、始まって数分で俺の膝の上に乗っかり、結局最後まで俺に巻き付いていたのでした。ディズニー映画さえまともに観られないとわちにしてみれば、めちゃめちゃデカイ恐竜や深海魚が目の前に迫ってくる、しかも大音量で、だから耐えられなかったんだろうね。もしかしたらプラネタリウムもNGだったかもね。

館内は様々な展示もあり、ゲームや簡単な体験アトラクションもあった。その一つ、ムーンウォーカーにとわちはチャレンジした。写真はそのときのもの。ほかの子たちはキャーキャー言って楽しんでるのに対し、とわちは声ひとつ出さず終始こわばった表情。俺やしずかがさかんに声をかけるんだけど、反応が今ひとつ鈍い。さては怖かったのかなぁ。降りてきたとわちに訊ねてみると、怖くなかった楽しかった、とのこと。へぇ〜、意外な返答でした。
じゃあ次回はプラネタリウムに行きましょう〜☆満点の星空に抱かれてみたいもんだ。
by marquee_m | 2012-08-18 16:27 | towa | Comments(0)

子どもに与える親の影響

e0061304_1821211.jpg

先日帰省した際、高校時代の親友とコメダで駄弁ってたときのこと。
話が子育てのことに及び、ふと質問をされました。
「子どもの前で夫婦喧嘩をすることはある?」と。
嘘をつくことはできないから
素直に「うん、あるよ」と答えると、その瞬間
「それだけはゼッタイやっちゃダメだ! 喧嘩したくなっても、子どもの前でだけはやめとけ!」
と激しく咎められました。
普段温厚な彼が珍しく声を荒げて(正確には、震わせて)話すので、
不思議に思って尋ねてみると、こういう事情が背景にあることが分かりました。

彼の両親は、彼が幼い頃から喧嘩が絶えず
それはたとえ子どもの前であろうと構わず始まってしまうのでした。
幼い彼はそれが怖くて辛くて仕方なかったのでした。
とわちが体を震わせて泣きじゃくってたことを思い出しました。
大好きなパパとママが喧嘩するとは子どもの心をひどく傷つける、そんなの当たり前のこと。
ああそういうことか、分かった、重々気をつけることにするよ、と言うと
彼はまだ納得しない様子。
しばらく言い淀んだ後、こう続けた。
彼は単に傷ついただけではなく
両親の喧嘩の原因が自分にある、と思うようになった、というのです。
つまり、自分が悪いから親が喧嘩をする
自分がいい子でいれば喧嘩しないですむかもしれない、という考えに至ったのでした。

これには頭を殴打されたような衝撃を受け、しばらく口を開けることができませんでした。
夫婦喧嘩をしてるときとわちに泣かれると、とわちは悪くない! と怒鳴ってた自分を思い出しました。
とわちは自分のせいで喧嘩していると思ってたんだって
だからあんなに泣いて、喧嘩はやめて! と訴えてきたんだって
気づかされました。

彼のおかげで、シンプルで奥深い子育ての奥義を学ぶことができました。
今一度ドロシーの本を読まないと…。


子どもは批判されて育つと、非難することを覚える。
敵意の中で育つと、暴力をふるうことを覚える。
からかわれて育つと、引っ込み思案になることを覚える。
恥じながら育つと、罪悪感を持つことを覚える。
励まされて育つと、自信を持つことを覚える。
ほめられて育つと、感謝することを覚える。
公平な環境で育つと、正義感を持つことを覚える。
安心して育つと、信頼することを覚える。
認められて育つと、自分を好きになることを覚える。
受け入れられ、友情に恵まれて育つと、世界を愛することを覚える。

ドロシーローノルト「子どもが育つ魔法の言葉」


さて、行きつけの名古屋本郷にある美容院(兼フォトスタジオ)ペアフリーが移転リニューアルしました。
ペンキのにおいがまだ残るキレイなお店で髪を切ってもらうとわち。
前回までは、アンパンマンのDVDを観ながらでないとダメだったのが
今回は大人みたいに鏡の前に座って、カットする様子をじっと観察していました。
こんなことでも成長を感じるひとときでした。
by marquee_m | 2012-08-17 17:51 | songchi | Comments(0)

夏といえば!

e0061304_16241357.jpg

プール、でしょ。というわけで、市民プールに行ってきました。といっても行ったのはしずかととわちの二人で、俺は送迎係および家の掃除係でした。
2時間ほど過ぎてお迎えメールがきたのでいそいそ出かけていくと、カキ氷をおいしそうに食べているとわちを発見しました。容器の中を覗いてみるとシロップが紫色、ん? グレープやブルーベリーの類なんてあったっけ? なんて不思議に思ってると、 いちごとブルーハワイを混ぜたたのこと。納得! って、イマドキはシロップをブレンドしちゃうのか、味なんてどうでもいいのかなぁとひと口もらうと、うん甘い! ただそれだけでした。それでもおいしそうに食べるとわちが不思議。なんでもいいってことだね。その後、間髪入れずにジャンボフランクまでたいらげたまんぷくとわちは帰りの車の中で即ご就寝。幸福に満ち足りた寝顔でした。
さて、留守中の俺は、というと、引越して以後初の掃除機がけを行ない、さらに雑巾掛けもして汗だくだくになっていました。迷ったのは掃除のときのBGMで…夏といえば! レゲエ? ボサノヴァ? ジャズ? とさんざ迷って結局ヘビメタに決めました。ロックではなくヘビメタ。ハードロックでもなくヘビメタ。なんとなくそんな気分でした。ヘビメタを大音量で聴きながら、全力で雑巾掛けをするのはいいもんです。久しぶりに聴くと新鮮でいいね。
と、そんな夏の1頁でした。
by marquee_m | 2012-08-16 13:19 | towa | Comments(0)

観察日記(3)

e0061304_1255284.jpg

帰省から戻って久しぶりの再会を果たすと、なんと2階建てになっているではないか! 水やりもせず放置してたのにたくましいことよ。さてこのヒマワリ、このまま花を咲かすまでに成長してくれるんだろうか。不安と期待が入り混じってます。とわちはもちろん、そんな心配はなく、早く咲いてくんないかな〜と待ち遠しくて仕方ないみたいです。純粋でいいなぁ。
by marquee_m | 2012-08-15 12:00 | sunflower | Comments(2)

公園にて想う

e0061304_1038972.jpg


e0061304_10381061.jpg

大垣に来た。これで3週連続。いつもの懐かしさはまったくない。今日は元町ハンメの初盆の法要。明日はうちのハンメの法要とチェサ。この暑さの中スーツでいるのは拷問。おまけにかゆい。
昨年の夏休みはマーケティング関連の本を読み漁った。今年は特段テーマを掲げず乱読の予定。営業に関する本を数冊読み終えた。セールスチームのリーダーに任命されたので勉強せねばと思って。それ以外では人生訓的なもの…不惑の四十路を迎えるので。さっき読了した阿川佐和子の「聞く力」は面白かった。セールスに対する最高のスキルは傾聴力だと思ってることもあってなおさら。
夕方になってとわちと公園に出かけた。夕方とはいえ暑い。でも子どもは元気だ。遊具から遊へ走り回っている。あぁヤブ蚊が鬱陶しい…。とわちが楽しく遊ぶ様子はかわいいのに、たかだか蚊の1匹2匹ごときに気を取られてしまって情けない。しずかにマニキュアを塗ってもらってご満悦のとわち。手の指はピンクに、足の指はブルーにキレイに塗り分けてすっかりお姉さん気分。だから出かけたい気持ちになったのかもしれない。健気だ。すべての遊具をひと通りこなして帰ることになった。もっともっととせがむことなくあっさり帰る。これぞ引き際の美学。そして、
帰り道歩きながら、あぁ今日は楽しかったね!と言う。我ながらいい子だと思う。
by marquee_m | 2012-08-12 19:00 | towa | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る