<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

家族写真

e0061304_23284342.jpg


e0061304_2328437.jpg

先週、結婚式で帰省したときに撮ったもの。
全員カットしてさっぱり、のはずなんだけど、東京を発ったのが前夜2時、で名古屋に到着したのが6時すぎ、カットの予約は7時、という強行スケジュールのため疲れが取れていません。この写真はたしか9時頃かな。大あくびのところをバッチリ撮られてしまいました。恥ずかしいね。
次の撮影は夏休みかな。
恒例の年賀状を想定したものになりそうです。楽しみ楽しみ。
[PR]
by marquee_m | 2012-05-25 23:21 | songchi | Comments(0)

チュッカハムニダ!

e0061304_11573478.jpg


e0061304_1157352.jpg

従妹ゆりの結婚式に出席した。名古屋城を一望できる素敵なウエスティンキャッスル、のおそらく最も広い会場、におそらく200人以上が出席、でおそらく最も豪華な食事、をおそらく3時間以上の披露宴、がおそらくこれ以上ない演出とともに繰り広げられた。
一昨年結婚したゆりの姉、まりのときもそうだったが、在日コリアンの同胞どうしの結婚というのは日本のそれとは違って、ショー的要素が強い。鉄板のキャンドルサービスや涙なみだの手紙朗読もありつつ、それに加えて、いやそれに上塗りするかのような過剰な出し物の数々…歌にダンス、民族舞踊に器楽、が次から次へと披露された。食べたり飲んだり歓談したりしながら同時にステージも観て拍手して、また食べたり飲んだり歓談したり、と目が回りました。そして、程よく酔いもまわり宴もたけなわとなったところで登場した歌舞団のステージ、軽快な民族音楽に合わせチャングを抱えた女性が華麗にステージに現れると、それにつられて参列者がわらわら集まり踊り始めた。チョゴリ姿の女性を中心に男性陣も加わって一緒に踊った。たった1曲だけだったけど、この一体感こそ自分の遺伝子に深く刻み込まれたもの、民族の血の滾りであることを強く感じた。
さて、一昨年に続きしずかととわちはチマチョゴリを着ました。しずかは前回、うちの母の深紅のチョゴリでアダルトな雰囲気でしたが、今回はまりのオレンジのチョゴリで若々しかった。とわちは形も色も個性的なチョゴリでかわいらしさとお姉さんぽさの両方が感じられた。従弟の武次郎とのツーショットもバッチリ決まってるね☆
[PR]
by marquee_m | 2012-05-21 09:34 | songchi | Comments(0)

5才4か月

e0061304_1212770.jpg

年長さんになって1か月。なんか急に成長したんじゃないかなぁって思う。特に見た目の成長、つまり大きくなったとか、顔がお姉さんぽくなったとか、で感じる。実際、保育園の先生にも、知り合いのお母さん方にも「とわちゃん最近大きくなったよね〜」と言われるから、間違いのないことなんだろう。今週なんて出張で3日間うちを空けたから尚更そう感じたのだと思う。
昨日の反省をひとつ。すっかり寝入ってしまったとわちのお風呂上がりでのできごと。ぐずるとわちをムリヤリ着替えさせ、布団に乱暴に寝かしつけた。と、その瞬間、パチっと目を開けて「いじわるをするお父さんなんてキライ!」と言い放ち、そして赤ん坊のように泣きじゃくった。慌てて抱きかかえたが、泣きながら同じセリフを繰り返した。
この短い言葉に完全に打ちひしがれた。とわちに対して抱いた少なからずの意地悪さを見透かされたこと、初めてお父さんと言われたこと、そしてはっきりキライと言われたこと。謝る俺にとわちは続けてこう言った。「とわちゃんは眠くてただ泣いてるだけなのに、なんでいじわるをするの?」
弁解の余地はまったくないな。子育てが惰性的になってたかな、優しさや愛情が足りていなかったかな、出張から帰ってくるのを楽しみに待っててくれたとわちに悪いことをしたな、と反省しました。
[PR]
by marquee_m | 2012-05-18 23:24 | towa | Comments(0)

A Band Goes On

e0061304_2339338.jpg


e0061304_23393899.jpg

高校のときに覚えて以来、細々と続けてきたドラム。途中、やめてしまったり情熱がしぼんだりしたこともあったけど、やめることができないまま気がつけばもう20年以上。趣味や習い事の類では最も続いていることになる。我ながら驚く事実。我流につき、いまだにできないテクニックは数多あるし、熱心に練習している訳でもないので、経験歴ほどの腕前はない。アマチュアの楽しさで細く長くできればいいかな、くらいの気楽さが続いてる理由なのかもしれない。
いまのレッチリバンドもそんな軽さで始めた。大学の仲間だけのバンドに、ミクシィつながりでボーカルが新しく加入したことにより、LIVEに向けて話がいっきに進んだ。そしてそのことによって、スタジオでの練習が明確な目的を持ったものになり、これまでの楽しけりゃいいや的なノリからもう少しマシなもの…人に魅せるんならちったぁサマになるもんがいいよな、にしようぜということで、がんばりました。
LIVE当日は、会社の人や大学時代の仲間たちがわざわざ赤坂まで駆けつけてくれた。もちろん家族も来てくれた。全4バンドの3番目、20代の若さ溢れるエネルギッシュなバンドに前後を挟まれ、もちろん我々が最年長。持ち時間30分間、適度に緊張し適度にリラックスして演奏できたのではないでしょうか。このあと音源を聴いたり映像を見たりすると、まぁ悔いることや恥ずかしいことも出てくるだろうけど、初LIVEとしては次につながる上々の出来ではなかったかと思う。にしても改めて実感したことは、ステージの、スポットライトの、あの快感はたまらないってこと。その昔、役者志望の友人と話してたことを思い出した。そこに自分の居場所があるって、だからがんばれるって、彼はそう言ってたな。よくわかったよ。
[PR]
by marquee_m | 2012-05-14 23:59 | songchi | Comments(0)

初ボウリング

e0061304_2347544.jpg


e0061304_2347655.jpg

とわちとボウリング。
はじめてだから1ゲームだけさらっと遊んでみるか、と軽い気持ちで出かけた。が、その軽やかさも、受付の「2時間待ちです」の言葉でいっきに萎えてしまいました。騒々しいボウリング場でとわちと2人どーしようかと途方に暮れ、出した結論は、待ってる間にお外で遊ぼう、でした。
公園なんかあるといいね、なんて言いながらしばらく歩いていくと、靴屋を発見。その瞬間、とわちの遊びたい気持ちは、新しい靴がほしい気持ちでいっぱいになってしまいました。通園用の靴がキツくて、そろそろ買い替えなきゃと思ってたところだったので、タイミングとしてはよかったんだけど、とわちの巧妙な話術にはちょっと感心したね。
店内に入るや、ピンクのかわいいスニーカーを見つけ、そそくさと試着をするかしましムスメ。となりに突っ立って、もごもご話しかけるバイトのお姉さんの滑稽なこと。あれこれ質問することも、逆にうるさく接客されることもないまま、即断即決するとわちのいさぎよいことよ。お気に入りのサンダルをさっさと脱ぎ捨て、買ったスニーカーでボウリング場へ戻り、さらにしばらく待って、ようやくゲームスタート。
待ってる間におおよそ要領をつかんだらしく、ピンを倒せばいいこと、2回投げられること、などあえて教える必要はなかった。これまた感心。子ども専用の滑り台みたいな器具を使ってボールを転がし、ガーター防止の柵のおかげで必ずピンを倒すことができるのはいいね。投げる度になんともうれしそうな顔をする。そして、その顔のまま必ず走って戻ってくる。ピンが何本倒せたか、なんてことは、とわちにとっては大きな関心事ではなく、ただただボウリングそのものを純粋に楽しんでいる。それは一緒にプレイしている俺にも伝わってくるものだから、ストライクだのスペアだのってことに捉われることなく、もちろん勝った負けたなんてことは何の意味もなく、楽しんで遊ぶことができた。
子どもと遊ぶことでしか得られない貴重な体験。とわちに感謝だね。お礼に、というかご褒美に、というか巧みなおねだりにより、アイスクリームを買ってあげました、というか買わされてしまいました。コレが現実…。パパはカモかも、ね。ま、仕方ない。また遊ぼうね、というか遊んでね(^_−)−☆
[PR]
by marquee_m | 2012-05-04 19:49 | towa | Comments(0)

撮られてた( ̄▽ ̄)

e0061304_21191376.jpg

視線の先にはビールサーバー。
目がマジやね。
[PR]
by marquee_m | 2012-05-03 15:16 | songchi | Comments(0)

ビール工場見学

e0061304_21163672.jpg


e0061304_21163731.jpg

サントリー武蔵野工場へ。
行きたい行きたい、と思っていたが、ようやく念願が叶った。事前にネットで予約したんだけど、GW期間中はほぼ定員に達してて、今日に至ってはお昼の12:30からだけが空いてる状態で、お昼どきだからまわっちゃうなあなんていらん心配しつつ、でもこのタイミングを逃したくないし、なんて経緯が、実はあった。
あいにくの雨、しかも当然ながらクルマで行けないからバスと電車を乗り継いでいかなければならず、思いのほか時間がかかってしまった。
時間ギリギリに工場に到着し、無事見学ツアーに合流。ビールに必要な三要素、天然水・麦・ホップの説明があり、最後にお待ちかねの試飲会。この春新しくなったばかりのプレモルを缶ではなく樽で飲める!荒天の中あえて出てきたのもすべてはこのためだ。
時間の都合で3杯までにしてください、と事前アナウンスがあり…あ、周りを見るともう飲んでる!さては常連? などと勘繰りつつ、いざ実飲。
う、うまい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
缶から飲むのとは明らかに違う。香りも、広がりも、喉の通りも、口残りも、なにもかもが違う。そりゃお店で飲む価値がある訳だ、と合点。おっと、ひとり美味しんぼしてる場合じゃない、タイムリミットがあるんだ、急げ急げ。オールフリーをゆったり飲んでいるしずかと、りんごのなっちゃんを飲んでいるとわちを横目に、お父さんがんばった。
…いや、がんばりきれなかった。制限の3杯を完飲することができなかった。失意の2杯半。
あぁ無念・°°・(>_<)・°°・。
ほろ酔い気分で工場を後にした。次こそは、と胸に刻みながら。
[PR]
by marquee_m | 2012-05-03 15:00 | songchi | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧