<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

慰めと励ましのコトバ

e0061304_0364738.jpg

あなたがたの会った試錬で世の常でないものはない。
神は真実である。
あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか
試錬と同時にそれに耐えられるように
逃れる道も備えて下さるのである。
(第一コリント 10:13)

こういう真理に触れることができるのが聖書のいいところだし
信仰を持ってることで救われるのは
然り然りと素直に受け入れる謙虚さを与えられることだ。

乗り越えるべき試練が迫っている。
聖書のことばを信じる揺るぎない信仰と従順さを身に纏うことができますように。
必要なときに必要な知恵が与えられますように。

余談だが
このすぐ後のチャプターに
結婚式で必ずと言っていいほど読まれる有名な
いわゆる「愛の讃歌」の箇所があるのも興味深い。
…愛は寛容であり、愛は情深い。
また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない…
これね。
by marquee_m | 2012-02-26 23:21 | songchi | Comments(0)

とわちの原点

e0061304_0242262.jpg

2008年6月、ときにとわち1才5か月。
それから2010年3月、今の保育園に入園する直前まで通った保育園。
たまたまほんの近くまで行く用事があったのでフラッと立ち寄ってみた。
土曜預かりの子が何人かと、見知った先生がいた。
挨拶くらいは、と思っていただけなのに
招かれるままに中に入り、ちょうどオヤツどきだったこともあり
とわちも仲間に入れてもらい、イチゴをいただいてしまった。
とわち、デカイ。
気付けばこんなに大きくなってたんだと驚いた。
親以上に先生たちはビックリしてた。
思えばさ、ここに入園した当初はまだ歩けなかったんだからね
この保育園で、歩けるようになり言葉も覚えトイレも1人でできるようになり
人生で大切なことはすべて保育園で学んだ、みたいなもん。
不慣れな東京の暮らし、仕事が上手くいかなかったとき、育児に気持ちが向かなかったとき
その時々で、焦らなくていいのよ、放っておいても子どもはちゃんと育つから
と、何度も励まされたものだ。
このことに我々夫婦がどれだけ救われたか。
どの先生も高齢で、子どもたちにしてみれば、おばあちゃん先生みたいな存在。
でも、だからこそ、その抜群の安定感が心強かった。
ほんの30分ほどの滞在でしたが、
とわちの原点であると同時に自分の親としての原点でもあるこの保育園に来ることができてよかった。
いろいろ思い出せてよかった。
愛情が湧き出てきた。
by marquee_m | 2012-02-25 23:59 | towa | Comments(0)

5才1か月とチャペコン

とわちゴメン。
2007年1月18日に生まれてから、一度も欠かすことなく毎月18日にお誕生祝いをし
撮ったスナップをブログにUPしてきたんだけど…
今回初めてすっぽかしてしまいました。
ここんとこブログにほとんど気持ちが向いていなかったせいもあるし
思い煩うことが多く、気もそぞろだったかもしれない。
とにかく欠かさず続けてきたこの毎月の習慣を怠ったことが悲しい。

だからといってそのままにする訳にはいかないので追想として。

この日は、保育園のチャペルコンサートでした。
三谷温さんのピアノは理系な感じがしてすごくよかった。
しかも今回は子どもたちとの素敵なコラボもありまして…
ブルクミュラーの「25の練習曲」の各曲に合わせて描いた子どもたちの絵が
ピアノの生演奏とともにスライド状に展示される、というもの。
描いた子どもたちはそれはそれはおおはしゃぎ。
このことは事前に聞いて知っていたし、とわちのがあることも聞いていた。
でもいったいどの曲のときなのかは分からなかったので
1曲1曲流れるたびに出される絵をオレとしずか二人して真剣に見ては
これはとわちの絵じゃないよね、といってドキドキそのときを待っていた。

全25曲のうちの23曲目「再会」でとわちの絵が登場!
e0061304_23524214.jpg


出た瞬間、夫婦揃って「これだ〜!」って喜んだ。
とわちらしいかわいい絵だ。

アップにすると
e0061304_2352813.jpg


いやぁ音符がたまらんね。

とわちをはじめ、みんなよくできました。
e0061304_2353851.jpg



うちに戻ってから
がんばったからという訳じゃなく
どちらかというと忘れられたバレンタインの埋め合わせ的な感じの
いや、それでもとわちにとっては大満足の
ショコラケーキを一緒に作り、美味しくいただきました。

来月からはまたちゃんと軌道に乗せよう。
by marquee_m | 2012-02-24 00:19 | towa | Comments(0)

けん玉

e0061304_23252187.jpg

とわちが毎週通っているアトリエ。
たまに作品を持ち帰ってくるんだけど
今回はなんとケン玉。
絵を描いてるだけじゃなく、こういうこともやってるんだね、と軽い驚きと感動でした。
変わった形だなぁとよくよく見てみると
紙コップを二つ貼り合わせ、それを新聞でくるみ
その上にペイントした紙、障子紙みたいの、を貼り付けてある。
仕上げにニスまで塗りこんであり、においがなんとも懐かしい。
もちろんニス初体験のとわちは、懐かしさなんかではなく相当の衝撃を受けたんだろう
ニスを塗ったんだよ〜と何度も報告してくれた。

しかし、今のとわちにはこのケン玉で遊ぶの、まだ高度すぎるな。
模範演技で何度か見せてあげてそれを真似てトライするんだけど、なかなか自力ではできない。
それでも諦めずに何度も繰り返してやり続けるところは立派。
イヤになって投げ出しちゃうかと思っていただけにね。
とわちゃんにはまだ難しいなぁなんて言いながらも果敢に挑戦している姿は美しいよ、感動的でさえある。
パパやって〜と言われ、連続で上に下にとやると、パパすご〜い!と賞賛までしてくれる。
ええ子や。

ちなみに、けんちゃんと命名されました(笑)

…そのまんまやん!
by marquee_m | 2012-02-11 23:10 | towa | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る