<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

オンザまゆ

e0061304_8171214.jpg

撮影をする予定は特になかったんだけど
しずかもとわちもこれまでで一番短い
…特にとわちの前髪!
ので
記念に撮っておこう、という話になり
急きょスタジオ入りとなった
俺はただそれをニヤニヤしながら眺めては
携帯でパシャパシャ撮っている
これ、思いっきり禁止行為なんだけどね…
でもね、仕方ないんだよ
とわちが本当に愛らしくて
形のいい頭に合うように切り揃えられたサイドから襟足のライン
そして何より前髪、これがちょっと出っ張ったおでこによく似合ってて
火垂るの墓のせっちゃんみたいで、つい抱きしめたくなる
周りの大人がみな、かわいい! と絶賛するものだから
とわちもだんだん盛り上がってきて
しまいには手が付けられないほど興奮するまでになってしまいました
by marquee_m | 2011-12-29 22:14 | towa | Comments(0)

湖前にて

e0061304_923029.jpg


e0061304_923710.jpg

帰省途中午前8時
諏訪湖SAにて
気温は氷点下
寒い
けど澄んだ空気が気持ちいい
by marquee_m | 2011-12-28 08:56 | towa | Comments(0)

社会人スタートの地

千葉県柏市。
新卒で入社した運送会社がここにある。

俺の社会人生活はここから始まった。
現場に明け暮れた日々。
ドライバーとして毎日のようにトラックに乗った。
大型免許も取った。
営業として荷主まわりをした。
経理として帳簿をつけた。
朝の8時から夜遅くまで、年末の繁忙期などは日付けが変わることもしばしばあった。
どんな仕事も嫌がらず進んで取り組み、全てを吸収しようとがんばった。
体力的にかなりキツかったけど、若さで乗り切った。
父親の会社を継ごうとする強い意志がそれを可能にした。
人に恵まれ、右も左も分からない俺を一人前に育ててくれた。
大学時代から付き合ってた彼女と同棲し、そして別れた。
酒も煙草もやりたいだけやりたいようにやった。
忘れがたき青春の1ページ。

その柏に仕事で来た。
あの頃のいろいろな記憶が急にいっきに甦ってくる。
軽い目まいがするほど。
見覚えのある光景のせいか、地図を見ずとも簡単にたどり着いた。
会社には知っている人がまだ何人かいた。
俺の顔を見るなり、久しぶり! と笑顔で声をかけてくれる。
15年の月日が嘘のような気がする。
それでも確実に時間が流れていたことを
当時、寮で部屋をシェアしてた方の髪がすっかりなくなっていたことと
もう定年を過ぎて再雇用で働いてる、なんて話で実感する。

知ってる人全員に会いたかったけど
配達からまだ戻っていない人がほとんどで
しかも俺も行かなきゃならないところがあったので
泣く泣くそこを後にした。
今度いつ来られるか分からないから、とても名残惜しかった。

たった3年しかいなかったけど、
たくさんの思い出を引っ張り出してもらい
ほとんど忘れていた記憶さえも蘇らせてもらい
今日、柏に来ることができて本当によかった。

e0061304_22294374.jpg

by marquee_m | 2011-12-26 22:08 | songchi | Comments(0)

歌い歌うクリスマス

e0061304_263342.jpg

それにしてもよく歌ったな、このクリスマス連休は。
肝心のクリスマス当日だってのに、お疲れ気味のとわち。

それでも
「さぁ、歌いますよ〜♪」と、声がかかると真っ先に走り出すとことか
誰よりも大きな口を開けて一生懸命歌うとことか
そんな姿を見てうれしく思ったり、心震わせたり
何よりこんなステキな賜物を与えてくださった全能の神さまに感動したり
心温まるいいクリスマスでした。

☆彡メリークリスマス☆
by marquee_m | 2011-12-25 23:56 | towa | Comments(0)

クリスマス劇

e0061304_0422231.jpg

クリスマス劇。
イエス誕生のストーリー。
登場人物は、ヨセフにマリア
天使ガブリエル、羊飼い、東方の三博士
この辺の役はセリフがあることもあり小学生が中心
一方、幼児さんたちはふた手に分かれ
歌える子たちが天使に、それ以外の
つまり話すことが覚束ない子たちは羊に、それぞれ粉した。

天使役のとわちは元気よくたくさんのクリスマスソングを歌いました。

とわちお気に入りの
「もろびとこぞりて」「荒野のはてに」ではかわいい振り付きで歌いました。
「We wish you a Merry Christmas」は英語で歌いました。
「きよしこの夜」のときはビデオ撮影しながらウルウルしていた俺。

この手のいわゆる発表会は初めてのことで
子どもたちの一生懸命な姿に感動しきりでした。
とわちも満足してたし、すごい自信がついたように思える。
よくがんばりました☆
by marquee_m | 2011-12-23 23:25 | towa | Comments(0)

朝クッキー

e0061304_9501927.jpg

クリスマス三連休のはじまり。

先週、保育園のクリスマス会でもらったネコのクッキーを朝から食べたいって。
ふだんなら、朝からクッキーなんてっ!
と拒絶するところ、だが
ま、クリスマスだしな、と寛容? になって…
で、みんなで仲よく食べました。
が、あまりの大きさに食べ切ることはさすがにできず
カラダの下半分が残るという
ネコにとってはなんともかわいそうな状態になってしまった。

さぁ、いよいよ今日はクリスマス劇の本番。
天使役のとわち、楽しみだな。
by marquee_m | 2011-12-23 09:37 | towa | Comments(2)

4才11か月

e0061304_15393892.jpg

今日はアドベントの第4週。
礼拝で聖書朗読の務めを家族三人で果たしてきた。
とわちもこの1週間の成果を見事に発揮し
1節を1人で読むことができました。

読んだ箇所はクリスマス時、あまりに有名なココ。

きょうダビデの町に
あなたがたのために救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。
(ルカによる福音書2章11節)

その後、4本のアドベントキャンドルに火を灯した。

午後のクリスマス会では
讃美歌やハンドベルを披露してくれたり
クラフトでクリスマスプチリースを作ったり
楽しく過ごせました。
昨日は保育園でも讃美歌にハンドベルと活躍したらしく
あちこちでがんばってるとわち。

満たされた時間です。
by marquee_m | 2011-12-18 15:13 | towa | Comments(2)

たたきまね

e0061304_164315100.jpg

図書館に行ったら
となりの建物から賑やかなバンドサウンドが聴こえてきて
とわちはすたすたぁと走っていって
耳をすまして聴き入っている。
クリスマスソングらしい。
知ってる歌のようで、口をモゴモゴさせて一緒に歌ってる。
その様子をちょっと離れたとこから見てたんだけど
仕草がね、かわいかった。
ドラムの音も聴こえたらしく
このポーズはドラムなんだってさ。
手をクロスさせるとこなんか、それらしくていいね。
サマになってるわ。
by marquee_m | 2011-12-11 16:37 | towa | Comments(0)

今月のチャペコン

e0061304_21151851.jpg

e0061304_21152065.jpg

公私混同、ならぬ
講師混同コンサート、ということで
日ごろ保育園で子どもたちの指導にあたっている先生方
お歌の先生、ピアノの先生、ストリングスの先生
御三方が揃い踏みと相なった。

子どもたちは、それはそれは大はしゃぎ。
ふだんはあまり注意しないんだけど
あまりのはしゃぎぶりに、さすがに咎めざるを得なかった。

まぁ、気持ちは分からんでもないがね。

いつも教えてもらってる先生が
コンサートしてるんだから、自然と興奮するんだよな。
しかも、クリスマスソング中心のセレクトだったから
もろびとこぞりて、きよしこの夜、など
耳なじみある歌を一緒になって歌っていた。

途中、みんなで合奏するコーナーもあり
とわちたちはハンドベルを手に、アンダーソンの「そりすべり」を
それはそれは楽しそうに演奏しました。
俺もカホンで特別参加し、楽しい思いをさせていただきました。

さぁ師走に入りいよいよクリスマスシーズン到来。
これから至るところで、もちろん保育園でも教会でも
クリスマスを祝うイベントが行なわれる。
1人でも多くの人がクリスマスの本当の意味を知ることができますように。
そして、クリスマスの恵みが多くの人に与えられますように。
by marquee_m | 2011-12-03 20:16 | towa | Comments(0)

愛に溢れるということ

e0061304_2283813.jpg

Michael Jacksonのバラード集を聴きながら
いっきに読み終えました。

「アミ 小さな宇宙人」

いやぁ
ステキな本に出会いました。

営業に行った先で、表紙のかわいさとタイトルに惹かれて
無理を言って借りたのがこの本でした。
その方は、宇宙の本だよ〜と笑いながら快く貸してくれました。
そういうことが信じられない人はつまんないと思うよ〜
と付け加えて。

そういうこと、か。
読んでみないと分からないだろうけど
この本は、ぜひ1人でも多くの人に読んでいただきたいな…。

愛に満ちたMichaelの声に包まれながら頁を繰り
たくさんの愛に溢れた言葉をかみしめました。
by marquee_m | 2011-12-01 22:11 | songchi | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る