<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日のお弁当

e0061304_105548100.jpg

めっちゃ久しぶりにお弁当をアップしました。
いつからって、2007年以来…。
さて、そんな本日のメニューは

ジャガイモと納豆のおやき
小松菜のごま和え
ポテサラ
ひじきの煮物
ささげのくたくた煮

です。
ささげは帰省の折に購入したもの。
こっち(東京)では、スーパーはもちろんJAでも
お目にかかることができません。
あまりメジャーな野菜じゃないのかな?

「ささげのくたくた煮」は
いつもはインゲンで作りますが、
ささげのしっかりした食感でもおいしく食べられます。
唐辛子と五香粉の風味が食欲をそそり
おつまみにもピッタリです☆
[PR]
by marquee_m | 2011-08-31 10:53 | lunch box | Comments(0)

ねぎのチヂミ

e0061304_20453711.jpg

帰省したときにまとめ買いした地元産の野菜。
毎日、美味しくいただいています。
おかげで野菜中心の食生活になっています。

今日は、しなしなになって
もう限界かも、という葱があったので
チヂミを作ってみました。
干しエビがポイント、です。
お好み焼きのイメージ。
タレは、本当はヤンニンがベストですが
いかんせんコチュジャンがないので、できず
あっさり酢醤油でいただきました。

家族全員、あっという間にペロッと平らげました。
とわちも大喜び。
タレをつける、という行為が楽しかったみたい。
一味唐辛子入れなくてよかった。
入れた方がピリッとして美味しいんだけど、
もしとわちが、と思ってやめといたんだよね。
入れなくて正解でした。

教会の夏祭りでは
ニラのチヂミを、こちらはちゃんとコチュジャン入りの本格醤で食べ
それにはちょっと劣ったかもしれませんが
まぁ、チャッチャと作ったにしてはうまかったのでよしとしよう。

チヂミといえば
菜菜のカノウユミコさんのレシピに
アスパラとエノキのチヂミ、ってのがあったな、そういえば。
これもいつか作ってみたいね。
きっと食感がすごくいいんだと思う。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-30 21:21 | cooking | Comments(0)

お祭りウィークエンド

e0061304_1404757.jpg

土曜は地域の夏祭り
日曜は教会の夏祭り
と、祭りづいた週末でした。

こっち引っ越してきて間もなく4年になるけど
地元のお祭り、はじめて行きました。
軽い気持ちで行ったのに
あまりの人の多さにビックリ。
それでも、最近はどんどん規模も開催時間も縮小傾向のようで
しかもそれが、事件や事故が多発しているから、という理由なのが哀しい。

だから、あえてそうしているのか
出店はいわゆるテキヤさんではなく、商店街の人たちが中心となって運営していて
愛想もいいし、なにより値段が超!良心的でした。

生ビール300円
焼きそば250円
ジャンボフランク150円
たこ焼き350円
焼き鳥70円
などなど
ふつうならこれの1.5〜2倍はするんじゃないかな。

そしてとわちは、綿菓子(100円‼)に初挑戦。

食べ方が分からず、ムダに口を大きく開けています。
でも口に入れるのはほんの少し。
聞くと、ベタベタするからイヤ、なんだってさ (ToT)/~~~
子どもらしくなぁ〜い。

挙句、ほとんど食べられず、もういらない、と。
聞くと、甘すぎるからイヤ、なんだってさ (ToT)/~~~
なんだよそれ〜、無邪気に喜ぶはずじゃ…。

おかげで、期せずして綿菓子を食べることができましたわ。
口のまわりのベタベタも
口の中に残る砂糖の固まりも
すべてが大変懐かしうございました。

ベタベタするからイヤ
甘すぎるからイヤ
俺もそう言われないように気をつけようっと(笑)
[PR]
by marquee_m | 2011-08-30 01:30 | towa | Comments(0)

コレを聴け!【24】

ちょぅと趣向を変えて
キザイア登場。

90年代はじめ
当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったレニクラに見出され
オープニングアクトに抜擢された
それでにわかに騒がれた人なんだけど
知ってる人いるかなぁ。

このデビュー作、とにかくスゴイよ。
うまく説明できないけど、
一回聴けば
どんだけスゴイかがよく分かると思う。

ちょっとだけウンチクを。
コピペだけど。

アルバムのタイトルにもなっている「ブルーファンク」とは
キザイアの造語でブルースとファンクの融合。
「すべての源にブルースがあり
心のありようがファンクとなってほとばしり出る」
と彼が語るままの音楽だ。
しかし、アフリカ的なメロディ、打楽器的なギター奏法は、
我々の耳になじんだアメリカのブルース、ファンクとは明らかに一味違う。
2ndはロック色が強くなるが、
このアルバムはジャズとファンク寄りとなっていて、
ジェイムス・ブラウンが登場しそうな曲もある。
文才の無さもあるが、
音を文章で説明することの限界を痛感させられるパーカッシブでプリミティブな音楽。
結局これは聴かなきゃ分からない。

ここまで。

パーカッシブでプリミティブな音楽。
さすがプロのライター。
まさにその通り。
ギターをパーカッションみたいに叩くんだよ。
もちろんギターも上手いし、声もメロディもいい。
ギターにベース、ドラムのトリオ編成なのに強靭かつ柔軟なグルーヴが最高。
俺もこんな風にドラム叩けたら
どんなにかカッコええやろうなぁ。

e0061304_23293477.jpg

Keziah Jones
Blufunk Is a Fact ! (1992)


1.Wisdom Behind The Smile (Ca$h)
2.Walkin' Naked Thru' A Bluebell Field
3.Rhythm Is Love
4.Runaway
5.Where Is Life
6.Funderlying Undermentals
7.Frinigro Interstellar
8.Free Your Soul
9.Curious Kinda Subconscious
10.The Waxing And The Waning
11.The Invisible Ladder
12.Pleasure Is Kisses Within

3曲目がよくかかってました。
本来はバンドアンサンブルですが
このアコースティックver.もなかなかのもの。
いや、むしろこっちの方が本質が伝わるかもしない。



キザイアのアルバムは4枚持っているけど
1stインプレッションの衝撃は、いまだ忘れられず。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-28 23:45 | music | Comments(0)

今月のチャペコン

e0061304_2312384.jpg

フルートって
こんなに心揺さぶる音色だったっけ?

今晩は
フルート吹きのご夫婦にピアノを交え
ヨーロッパの古くて素朴なものから
20世紀のモダンな感じのものまで
さまざまなタイプの曲を味わうことができた。

途中、それぞれのソロコーナーがあって
フルートで、カール・ライネッケの「水の精」
リコーダーで、ヤコブ・ファン・エイクの「イギリスのナイチンゲール」
を堪能した。

なかでもフルートは
なんと譜面台を横に追いやって
全4楽章の長いながい演奏を何も見ずにやり通した。

水の精、オンディーヌって言ったっけ
が、自由に動く様子を
単に音色だけでなく、全身で表現していて
それに、譜面がないものだから
その様子をつぶさに見ることができ
表情…目の動き、ブレスの瞬間といった細やかなも部分も
フルートをまるで指揮棒のようにグルグル回したり
屈んだりのけぞったり、そんなダイナミックな動きも全部
しかも、超至近距離だから
演奏者の感情が乗り移ったかのように、自分の心が思いきり揺さぶられた。

こんな経験ははじめて。

また、リコーダーでは
小鳥のさえずりをリアルに奏でていて
これにはとわちも目をまるくしていたね。
リコーダーの音色って素朴でいい。

リコーダー。
いつも決まって思い出すのは
小学校3年だか4年だかでならった「アマリリス」という曲。
この曲で、はじめてスタッカートを習ったはず。

♪みんなで聞こう 楽しいオルゴールを
ラリラリラリラ 調べはアマリリス
月の光 花園を青く照らして
あぁ夢を見てる 花々の眠りよ〜

前半部分でスタッカート使うんだよね。
♪ソラソドソラソ〜 ララソラソファミレミド〜
あぁ懐かしい。

帰り道、リコーダーを吹きながら歩いたっけ。
うまく吹けるとうれしくて
家で母親を前に何回も何回も吹いて聞かせたっけ。
それから、担任の先生に褒められたくてね。
その先生は、当時新婚ほやほやのエネルギッシュな男の先生で
毎日、帰りの会でアコギを弾きながら
みんなで「タンポポ」とか「飛び立とう」とか歌っちゃう熱血漢で
その先生に褒められるとうれしかったから。

リコーダー聴いただけで
こんな些細なことまで思い出しちゃった。
その担任の先生のフルネームまで思い出した。
今も先生やってんのかな。
50台半ばかな。
元気にしてるかな。
会ってお礼が言いたいな。
小学生の小さな尊厳を大切に扱ってくれた先生。
あの、
自分にとってはいまだに忘れられない大きな出来事と
そのときの先生の勇気ある対応に、心から感謝しているから。

話が逸れた。

音や匂いや景色ってのは
忘れてた記憶を簡単に呼び戻してくれる。
感傷的にもなるわな。

保育園の絶品パウンドケーキを食べながら
つらつらと思い出に耽るのでした。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-26 20:50 | songchi | Comments(0)

片目をつぶることの難しさ

e0061304_20424821.jpg

はじめての万華鏡。
見方がわかんないって言うから
片目を閉じて見るんだよ、と教えてあげた。

そしたら
覗く方の目を閉じてしまうんだよね。

冗談かと思ったけど
とわちはいたって大真面目だから
あぁそうか、目に当たるのが怖いのかもしれないな、と
微笑ましく思っていた。

見る方の目は開けておくんだよ、と言うと
両目とも開けてしまう。
う〜ん困ったなぁ、と思ってたら
とわち
手でムリヤリ閉じてんの!

笑っちゃいけないけど
そんなとわちに脱帽でした。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-22 19:18 | towa | Comments(0)

夏休みつれづれ

長かった夏休みも今日でおしまい。
明日から仕事再開。
いや、ほんと久しぶり。
こんなに長く休んでると、
身体も頭もすっかりボケて、いや暑いから、トケてしまって
うまくリスタートできるか、いささか不安あり。

会社の同僚はこの休みを利用して旅行へ
国内に限らず海外にも、とうらやましい限りで
我が家は、というと…帰省した、そう、それが全てでした。

とはいっても、
何がしかの目的をもって夏を過ごそう!
と、ちゃんと考えて休みに入っていた訳で
 ・ビジネス本を読むこと
 ・5kg減量すること
 ・地元の友人に会うこと
の3つを自分で掲げていました。

結果は
減量以外は果たしました。
この結果、やる前から目に見えてたわな。
痩せるどころかほとんど変化なしというありさま。
帰省すると、まぁね
外食は増えるし、一食あたりの量も増えるし、アルコール飲むし、間食するし
普段よりも食生活が大幅に乱れるからね
それをコントロールできない限り、どだいムリな話やね。

申し訳程度に
腕立て、腹筋と、徹子の部屋で鳥越さんが勧めてたスクワットと
それはやってる。
明日から、レコーディングダイエットするか。

ビジネス本は、よく読んだ。
セールスやマーケティング関連の本ばかり、10冊以上読んだかな。
自ら進んでこの手の本を読んだのは初めてのこと。
しばらく続ける。

会いたかった高校時代の友人にもようやく会えた。
数年来会ってなかったのでお互いの近況報告
(なんとこの春、パパになってた、とか)に、花を咲かせた。
高校を卒業して20年が経つけど、年月を感じさせないところがよいね。

そして、この夏
全く新しい試みとして、Facebookをはじめた。
このブログともリンクさせたので
どっちをどう使っていくか、まだよく分からないけど
基本は日記、つまり一方通行のブログと違って
何でもシェア、つまり双方向のFBには、まだまだ慣れない。
ただ、年賀状だけのやり取りをしてる友人や
懐かしい友人たちと交流することができる、という点は素直にいいと思う。

帰省すると
たいていJAに立ち寄って、コメと野菜を大量に買い込む。
今回も岐阜県産のコシヒカリをはじめ夏野菜
…ナス、カボチャ、オクラ、トマト、ピーマン、キュウリ、ササゲ
をどっさり買い込んだ。
昨日はサラダと煮物に、今日は天ぷらにして食べた。
東京に戻ってきてから肉も魚も食べてない。
ひたすら野菜を食すのみ。
地元の野菜は、なにしろうまいのだ。

そうだ、
明日からは英語を再開しよう。
そろそろやんないと。
9月にはTOEICを初めて受験するからね。
一応、目標は…600点。
低いのかもしんないけど、オレ的にはなかなかのハードルさ。
がんばろ。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-21 23:34 | songchi | Comments(0)

街の小さなパン屋さん

e0061304_12372184.jpg

井荻の駅前にある小さなパン屋さん。

とわちのアトリエ通いで
毎週この街に来るようになってから
いろいろ目星をつけておいたうちのひとつ。

大人が3人も入れば身動きができなくなる程のスペース。
だから、トレイとトングで、というスタイルではなく
対面でのやりとりになる。

焼きたてのフォカッチャや
大好きなハード系のパンをいくつか買った。
さぁすっかり涼しくなった午後の公園で
ランチタイムといたしましょう。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-20 12:29 | songchi | Comments(0)

地元の銘菓と

e0061304_15323492.jpg

岐阜の銘菓、起き上がり最中。
うれしそうにニヤニヤしていますが
実は、とわちは食べられません。
甘すぎるんだそうです。
あらら。

この間会った
もうすぐ二歳になる甥っこは
大福もちをわしわし食べてたのにね〜。

ということで、
2コとも平らげようと
あんこ好きの俺は狙っていたのですが
あっけなく阻止されてしまい
当てがわれたたったの1コを
それはそれは愛おしく
ゆっくりゆっくり味わって食べるのでした。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-19 15:24 | towa | Comments(0)

4才7か月

e0061304_20253949.jpg

おとといの夜
本来なら、東京に向けてUターン
の予定だった。

が、とわち発熱でダウン。

よって、
滞在を2日延長し本日の出発となった。

なんかカラダが熱いぞ〜と
体温を測ると、40℃オーバー!
急いで市民病院の休日診療に駆け込み
ひと通り診察してもらったところ
特に気になる箇所はなく
疲労からくる発熱ではないか、とのこと。
熱中症やプール熱を心配していたので
その点ではホッとした。

しかし、
もらった解熱剤を飲ませても
いっこうに熱は下がらず
昨日丸一日38〜40℃をいったりきたり。
たった1日でこんなんになっちゃうのかと驚くほど
痩せほそっちゃってね
冷えピタしたりアイスノンしたり
手を尽くし看病して、
そうして今朝になって
ようやく37℃まで下がったのでした。

いやぁ久しぶりの高熱で
一時はどうなることかと思ったけど
完治してよかった、よかった。

さぁ、東京。
渋滞と天候が気がかりですが
安全運転で帰りましょう。
[PR]
by marquee_m | 2011-08-18 18:36 | towa | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る