<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

バースデーカード

e0061304_22223747.jpg

2つの教会からバースデーカードが届いた。
右が、以前通ってた地元の教会からのもの。
左は、今通ってる教会からのもの。

日本語訳の違いで、言葉は違えど
同じ聖句が書かれている。
そして、この聖句は
とわちが最初に保育園で覚えてきたものだ。

わたしはぶどうの木
あなたがたはその枝である

(ヨハネ15章5節)

この聖句を自分の誕生日に与えられたのは大きな喜びです。
とわちもなんだかうれしそう。

この聖句には続きがあって…

もし人がわたしにつながっており、
またわたしがその人とつながっておれば、
その人は実を豊かに結ぶようになる。
わたしから離れては、
あなたがたは何一つできないからである。


何ひとつできない、なんて
そんな、断定しなくても…と思うのだが
それが真実なんだと思う。
離れてはいけないのだと思う。
豊かな実を結ぶ人になりたいと思う。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-31 20:15 | songchi | Comments(0)

なにごとぞ

東北道の通行止めが解除され
ガソリンも出回りはじめたので
今週はかなりこんつめて仕事をしている。
月曜から三日連続で東北道を北へ南へ行き来しているが
北へ向かう下り線では、緊急車両が目に付く。
自衛隊をはじめ、医療支援、物資の輸送、タンクローリーも目立つ。
その中で、この三日とも目にしたのが

コレ

e0061304_22174216.jpg


護送車、っていうんだっけ。
ナンバーを見ると、けっこう遠方から来ているみたいで
彼らはいったい
被災地支援に向かっているのか
それとも
nuclear accidentの現場に…とか
まさかね…
と思いつつも、つい変な想像をしてしまう。
ともあれ
一日でも早い正常化を切に切に望みます。
単なる風評、ではすまされない段階まできています。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-30 21:59 | songchi | Comments(2)

カズダンス

風邪気味のとわちは
いつもより早めのご就寝となったので
気になる原発情報を観ようとテレビをつけたら
サッカーのチャリティマッチがやっていた。
日本代表vsJリーグ選抜。
震災復興支援の一環でやることは知っていたが
まさか今日だったとはね。

後半の途中で日本代表が2点のリード。
テレビをつけたときにちょうどJリーグ選抜がメンバーチェンジで
カズがピッチに走っていくところだった。
44才、現役最年長選手。
1993年のJリーグ発足当時、
おそらく日本で最も輝いていたサッカー選手だと記憶している。
当時トップの選手がそれから18年経った今も現役であること自体驚きだし
なにより今日のカズの全力プレーは感動的でもあった。
そして、決定的だったあのゴール。
お約束のカズダンス。

ここぞというチャンスを逃さず
確実につかみ取るセンスや技術、そしてSpirits。
いや、ほんとにすごかった。
さすがに叫んだね。
観客も大興奮、解説の都並も城も大興奮。
ストイコビッチもザッケローニも試合後、誉めたたえていたね。

被災地に、日本に、きっと勇気を与えてくれたことでしょう。
昨日の高校野球に続き、スポーツの素晴らしさを感じさせてくれました。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-29 23:28 | songchi | Comments(0)

全力こそ礼儀

e0061304_22183642.jpg

選抜の組み合わせ抽選会のとき
大垣日大の対戦相手は会場にいなかった。
対戦相手の東北高校は
抽選会の時点では出場を躊躇していたらしい。
練習場所を失った選手たちは、
避難所でボランティアとして働いていたという。
そんな彼らを、地元の人たちは復興の光として甲子園に送り出した。

大垣日大の坂口監督は
「全力で戦うことが礼儀だ」
と、ともすると流されがちになる選手たちに檄をとばした。

ここに名将あり。

そして、それに応えるかのように
初戦の今日は完勝でした。
勝負の世界だから、勝つことはもちろん大切だけど
それ以上に大切なものを
今日の選手たちは得られたのではないだろうか。

この対戦を特別な思い入れをもって見守った人はきっと多いはず。
両チームの全力プレーに
感動を、生きる喜びを与えてもらいました。

大垣日大
二回戦もがんばれ。
同郷の人間として応援します。

東北
地元に戻っても胸を張って、
復興の大きな原動力となってください。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-28 22:20 | songchi | Comments(0)

とわオニとパパオニ

e0061304_13532331.jpg


e0061304_13532570.jpg

幼児雑紙の綴じ込み付録にオニのお面があった。
節分なんてとっくに過ぎてるけど
とわちに執拗にせがまれて共同作業で切ったり塗ったり貼ったり
できるかな、のノッポさんみたい…
がんばること数時間。
キュートなオニが完成しました。
かわいいとわオニと
頭がデカくて半分しか入らない
マスクはがされかけの覆面レスラーみたいなパパオニ。
このあと、紙をまるめて作った剣で退治されてしまったのでした。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-27 13:45 | towa | Comments(0)

手足はえる

e0061304_13414094.jpg

ちょっと前までは
顔から手と足がはえていたのが
胴体があって、ちゃんとそこから手足がはえている。

そうそう
手足はえる、といえば
その昔、中学1年生が、teacherという単語を覚えるのに
「手足はえる」と言ってるのを思い出した。
塾講時代の10年前のことさ。

それにしても
描く絵がまともになったなぁ。
そして、
その表情も実にゆたかになった。
見ているこちらまで楽しい気持ちにさせられる。
大人、子どもをきちんと描き分けてるところもすごいね。

チョッタ、チョッタ (^_−)−☆



☆ワンポイント解説☆
아,기분 좋다. (アァ キブン チョッタ)
あ~気分がいい。

のように使います。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-27 11:12 | towa | Comments(0)

38才になりました

e0061304_2129440.jpg

本日、めでたく38才を迎えることができました。

少し前にブログに綴ったと思うけど
ここんとこよくケーキを食べているので
誕生日だからって、ケーキは特にいらないよと言っておいた。

ところが、夕方になってとわちが
お祝いするからケーキがほしいと、ごねまして
仕方なしに近所のシャトレーゼに行くことになった。
お店の中は予想以上に混み合ってて
ホールケーキが飛ぶように売れる現場を初めて目の当たりにした。
土曜だから、26日が誕生日じゃない人でも今日お祝いするのかな
と思ってたら
卒園とか卒業とか、そういう類の理由で買って行く人が多かった。
なるほどね。

とわちが選んでくれたのは
大好きなイチゴではなく、チョコバナナのケーキ。
なんでかって聞いたら
パパ、チョコが好きだから、だってさ…ψ(`∇´)ψ

よく分かってる。

そんなとわちのためにも
38才を有意義なものにしたいと思います。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-26 20:57 | songchi | Comments(1)

平日の公園

e0061304_1723541.jpg

先週は自宅待機だったので
とわちの送迎を担当することにした。
お迎えの時間もいつもなら18時すぎのところ
17時前に行くことだってできた。

当然、外はまだ明るい。
とわちにしてみれば
明るいうちに帰るというのはあまりないことで
だから、もうひと遊びできると張り切ってしまうのでした。
しかも幸いなことに(もちろんとわちにとってね)
保育園の近くには公園があって
そこで遊ぶことができてしまうのでした。

ちょっと前までは
こわがって自分からはなかなか乗ろうとしなかったブランコが
最近ではお気に入り。
もっとゆらして〜!、と
ケタケタ笑いながら叫んでいます。
スリルが楽しいお年頃になってきたのだろうか。

まだ足を使って揺らせないので
何度も何度も押してあげなければいけなくて
それが、ちょっと面倒だったり
でも頼ってくれるのがうれしかったり
あれこれ思ってしまうのでした。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-26 15:15 | towa | Comments(0)

コレを聴け!【11】

コレを聴け!シリーズ、自粛しておりましたが
本日より再開。

再開にふさわしいのは…
そうだな、そろそろ大好きな黒カラスたちを紹介せねば。
The Black Crowes

彼らとの出会いは、1990年に遡る。
TVで観た“Jealous Again”のPV
妖艶にカラダをくねらせ歌うボーカルのクリス
微動だにせず淡々とギターを弾く弟リッチ
この対照的なロビンソン兄弟を中心に
「あら、お若いのに玄人好みの音を出すのね」
→Too young to play the BLUES!
と言わしめた
シンプルでルーズなロックンロールに
一瞬でトリコになってしまった。

それから20年
昨年、残念ながら解散してしまいましたが
いつもお気に入りでした。
途中、メンバーチェンジあり、ソロ活動あり
無期限の活動停止、そして復活あり
まぁいろいろありましたが
ずっとファンでした。
きっとこれからも続くでしょう。

ここで、クロウズにまつわるMYエピソード。

①2001年7月29日、6thアルバム"LION"ツアー名古屋公演で
 ドラマーのSteve Gormanからスティックをもらった。
 しかも手渡しで直接!!

②3rdアルバム"AMORICA"のキャンペーンに応募して
 見事、Tシャツをゲットした。
 このアルバムのジャケットは、しかし…。ちょっと恥ずかしいね。

③大学生のときに組んだコピーバンドでは、なんとボーカルを担当。
 こんなの歌えるわけないっつーの。楽しかったけど。

④で、社会人になって
 晴れてドラムを叩けるバンドを弟(←彼もまたクロウズフリーク)と組んだ。
 田舎の小さな街のイベントで演奏したこともある。

⑤某FMで、5thアルバム"BY YOUR SIDE"収録のシングル
 "Kickin' My Heart Around"をリクエストしてかけてもらったことがある。

など。
こうして振り返ると、いろいろあるね。

さて、LIVE盤やベスト盤をのぞく
いわゆるスタジオレコーディングのフルアルバムは
全部で8枚あり
その中から、コレ!というのを選ぶのは至難の技。
どのアルバムも特徴があって
それぞれに思い出もくっついているので
甲乙つけがたいが………
ここは、一般的に最も評価の高いもの=売れたもの
を紹介するのがが無難だよな。

ということで
全米1位に輝いた2ndアルバムに決定!

e0061304_0255532.jpg


THE BLACK CROWES
The Southern Harmony And Musical Companion(1992)


1. Sting Me
2. Remedy
3. Thorn In My Pride
4. Bad Luck Blue Eyes Goodbye
5. Sometimes Solvation
6. Hotel Illness
7. Black Moon Creeping
8. No Speak No Slave
9. My Morning Song
10. Time Will Tell
11. Shake 'Em On Down (Bonus Track)

アタマの二曲でもし何も感じなければ
もはやROCKを聴く資格はないよね。
そう断言してもいいくらい、ほんとかっこいいんです。
そしてそして、LIVEになるとこれがまたもっともっとかっこいいんです。

それでは、"Sting Me"をどうぞ。


[PR]
by marquee_m | 2011-03-26 00:23 | music | Comments(0)

ボンゴレ

e0061304_065340.jpg

うなぎで有名な三河一色産のアサリが手に入った。
当然のようにパスタにすることに。

ボンゴレビアンコ…
いや、白ワインが切れててお酒にしたからちょっと違うか
いや、まぁ自分で作って食べる分には全然構わないから
ボンゴレビアンコ、と言い切ってもいっか。

大好きなボンゴレビアンコの完成。
アサリが濃厚でうまいわぁ。

ボンゴレって
がんばれ、をよく小さい子がまちがって言う
バンガレ、に似てるよね。
[PR]
by marquee_m | 2011-03-25 23:49 | cooking | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧