<   2011年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

コレを聴け!【8】

さぁ、ロックに戻ろう。
洋楽ロックに目覚め、ドラムを覚え
バンドと柔道と××に明け暮れた高校時代を経て
晴れて大学生となった1991年。
時代はすでに平成に入っていました。
この頃になると
80年代後半に隆盛を極めたLAメタルもすっかり下火になり
ロックシーンが混沌としていた
ような記憶。

そこに疾風のごとく現れたのが
シアトル発の、彼ら
ニルヴァーナ。
グランジは、いっきに盛り上がったねぇ。
君も僕もあなたも私も
もうものの見事に一瞬で飲み込まれちゃったねぇ。

前のアルバム“BLEECH”も
次のラストアルバム“IN UTERO”も
もちろん魅力たっぷり、グランジ全開のいいアルバムですが
ニルヴァーナといえばやっぱり
バカ売れしたコレでしょう。

e0061304_2346386.jpg

NIRVANA
NEVERMIND(1991)


1 Smells Like Teen Spirit
2 In Bloom
3 Come As You Are
4 Breed
5 Lithium
6 Polly
7 Territorial Pissings
8 Drain You
9 Lounge Act
10 Stay Away
11 On A Plain
12 Something In The Way

1曲目、この1曲で彼らは世界を制したね。
リフ〜単調なAメロ〜単調なBメロ〜サビ
ギターソロはABそれぞれのメロディラインをただなぞるだけ
それなのに、ただそれだけなのに、シビれたね。
いっぺんに持ってかれたね。

そんな思い出の1曲を。

[PR]
by marquee_m | 2011-02-28 23:19 | music | Comments(0)

イベントとなりゃ

e0061304_21355034.jpg

日曜日に出勤となれば
たいていはイベント、ということで
朝早くから東京ドーム近くの某大学に出かけました。
イベントの楽しみといえば
なんといっても打ち上げな訳で
会場近くのトラットリアで愉しいひとときを過ごしてきました。
初挑戦のイタリアンビール「モレッティ」は
個人的に大当たりでした。
ピッツァもパスタも美味しくいただきました。

…ただ1つ残念なのが
参加者のほとんどが英語の使い手で
英語で会話してみんなで笑ってるのに
なんで笑ってるのか分からずに置いてきぼりくらってるとき
このときばかりは
楽しさの中にそっと淋しさが混ざる。

英語、話せたらいいな。
こういうとき切実に思うね。

で、
上達のためのいい方法を聞いたんだよ。


テキストの英文を写すこと。
ただし、テキストを見ないで。

だと。

意味わかる?
矛盾してるでしょ、この方法。

これで上達するってよ。
矛盾してることを、矛盾しないように考えて実践する
そうするとグングン英語の力がつくって。

そっか。
まぁ、やってみるか。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-27 21:17 | songchi | Comments(0)

マリンバはじまる

e0061304_0273169.jpg

年明けから週に1回
保育園でマリンバを習いはじめた。
15分という短い時間ながら
若くてキレイな女の先生につきっきりで
それはそれは楽しいらしい。
習ってるところをまだ見ていない
つまり、その噂の先生にも会えてないんだけど
伝え聞くところによれば
最近、ドレミを練習しているとのこと。
やってるとこ見てみたいね。

はじめて習う楽器がマリンバってのも
なかなか渋いと思う。
本当は親もとわちもピアノがよかったんだけど。
まぁそれはいずれ。

とわちがマリンバやってるところ
勝手に想像して描いてみました。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-26 22:15 | towa | Comments(0)

プライスレスな夜景

e0061304_193962.jpg

いつも仕事をしているおなじみのエリアでも
こうして夜景になって現れると趣きがあるものだ。
実際そこに何があるか分かっているだけに
たとえば、ショッピングモールや娯楽施設など
突き詰めちゃうと興ざめですが
ぼーっと眺めている分には結構いけます。
よく100万ドルの夜景、なんて表現するけれど
たまたまあてがわれたホテルの部屋からの夜景は
もちろんわざわざお金を払って手に入れた眺めではなく
それでいて独り占めできてしまう
ちょっぴり贅沢なプレゼントのようなものです。

プレゼントといえば
同級生の友人が出産しました。
今日は2月22日
2が3つ並んで、2×3=6、ロク!

なにかっていうと
彼女、妊婦の間、
おなかの赤ちゃんのこと、ロクちゃんって呼んでたんだよね。
変なこじつけだけど、何となく楽しくってね。
本人も家族も長く長く待ちわびた待望の赤ちゃん
元気な女の子の誕生とのこと、とてもうれしく思います。
あぁよかったよかった。
本当におめでとうございます。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-22 19:37 | songchi | Comments(0)

コレを聴け!【7】

1987年もこれでおしまい。
…かな、と思う。

U2ともう一つ
リアルタイム中3で聴いたのは、コレ。
あまりにも有名なこのアルバム
e0061304_0312353.jpg

Suzanne Vega
Solitude Standing(1987)


邦題は「孤独」
です…。

1. Tom's Diner
2. Luka
3. Ironbound/Fancy Poultry
4. In The Eye
5. Night Vision
6. Solitude Standing
7. Calypso
8. Language
9. Gypsy
10. Wooden Horse (Caspar Hauser's Song)
11. Tom's Diner (Reprise)

コーヒーのCMで使われた1曲目のトムズダイナー
そして、大ヒットシングルのルカ。
どれもいい曲ながら、基本的にはしっとり、というか
聴いてくうちにだんだん沈んでいく感じ。
ロス五輪が終わり肥大化し続けるアメリカ。
その一方で貧富差の拡大とか、ブラックマンデーとか
たしかこの頃だよな、JAPANバッシングって。
「マンガ日本経済入門」で読んだような…。

そういう混沌の中にあって、
アコギ一本で現実を浮き彫りにしてみせたのが彼女。
NYだからこそ、
社会的でもあり内省的でもある独特のメッセージが発信できるのかも。

さてルカですが
この曲、幼児虐待がテーマです。
曲のアレンジはポップだし、メロディも美しい
だのにこのテーマ。
淡々と表現している、そんな感じ。

なんとか訳せそうな感じだったので
最近の英語の勉強の成果を発揮すべく初の対訳を試みました。

My name is Luka(ボクのなまえはルカ)
I live on the second floor(2階に住んでるんだ)
I live upstairs from you(そう、キミんちの上さ)
Yes I think You've seen me before(きっと顔を見たことあるよね)

If you hear something late at night(夜遅くに何か聞こえたとしても)
Some kind of trouble, some kind of fight(騒がしかったり、ケンカだったとしても)
Just don't ask me what it was(何があったのなんて聞かないでね)
Just don't ask me what it was(どうかしたのなんて聞かないでね)
Just don't ask me what it was(お願いだから何も聞かないでね)

I think it's because I'm clumsy(ボクってぶきっちょなんだ)
I try not to talk too loud(あまり喋りすぎないようにってしてるんだけど)
Maybe it's because I'm crazy(おかしいヤツだって思われてるみたいなんだ)
I try not to act too proud(偉そうにしないようにしてるつもりなんだけどね)

They only hit until you cry(あの人たちってボクが泣き出すまでぶつんだ)
And after that you don't ask why(どうしてかなんて聞いちゃいけないんだ)
You just don't argue anymore(口ごたえしちゃいけないんだ)
You just don't argue anymore(そんなことできないんだ)
You just don't argue anymore(もうどうしたってムリなんだ)

Yes I think I'm okay(ボク? うん大丈夫だよ)
I walked into the door again(またいつもの場所に戻んなきゃ)
Well, if you ask that's what I'll say(ボクにいろんなこと聞いてくるけど)
And it's not your business anyway(キミには何の関係もないことだからね)

I guess I'd like to be alone(ひとりっきりになれたらどんなにいいだろう)
With nothing broken, nothing thrown(何も壊されないし、何も投げつけられないし)
Just don't ask me how I am(ボクのこと何も聞かないで)
Just don't ask me how I am(ボクがどうしてるかなんて聞かないで)
Just don't ask me how I am(そんなこともう気にしなくていいから)



実際に話しているのではなく
この男の子の空想なのでしょうか、そんな気がしました。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-21 19:29 | music | Comments(0)

クマとたわむれ

e0061304_1252648.jpg


e0061304_12521072.jpg

入学シーズンを目前に
子ども用品のフロアは大賑わい。

あぁ
二年後にはとわちも小学校入学か…
まだまったく想像できないけど。
少なくとも
学習デスクで寛いでるりらっくまを見つけて
はしゃぎまわってるとわちからはね。
ぎゅ〜っと抱っこしてみたり
おんぶしてみたり
じゃれあってる姿は愛らしいものだ。
ときに
巨大なりらっくまに遊んでもらってるようにも見える。

このあと
ちょっとした事件が起きるのですが
このときにはもちろん誰もそんなことは知らず
楽しく遊ぶことができました。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-20 11:51 | towa | Comments(0)

今月のチャペコン

e0061304_17171884.jpg

オケではほとんど脇役に徹する楽器
TUBA。
そのテューバが今日のコンサートの主役。

チャペルに響く魅惑の低音にうっとり。
ピアノの伴奏にあわせて
ときに力強く、ときに優しく
包みこんでもらいました。

こんな間近で
しかもこんなにたくさんの音色
…だって、クラシック聴いても
テューバの出番ってほんの一瞬だけだったりするから
感激しまくりでした。

最後の曲は
超絶テクニックが堪能できる
ヴィットーリオ・モンティの「チャルダッシュ」
タイトル聞いてもなんのこっちゃ分かりませんが
5年ほど前にフィギュアスケートの浅田真央が使った曲
そう聞けば、なるほどでした。
ヴァイオリンではなくテューバで聴くのもオツなものです。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-19 15:48 | songchi | Comments(0)

コレを聴け!【6】

1987年といえば中3である。
が、これまで紹介してきた1987年のアルバムは
実際には88年、
つまり高校生になってから聴いた訳で
中3の俺は、まだ洋楽ロックの洗礼を受けてはいなかった。

当時は、
邦楽ならBOØWYと渡辺美里とレベッカを聴いてたし
洋楽は…
好んでは聴いてなかったかも。
Michael JacksonやBon Jovi、Madonnaあたりが
巷では流れていた、と思う。

87年の音楽については、また別の機会にまとめてみたい。
時代考証っぽく。

そんな中3のときに
友だちがカセットに録音してきてくれた洋楽を
今回と次回で紹介します。
前置きがたいへん長くなりましたが
まずはコレ。

e0061304_2085581.jpg
U2
The Joshua Tree(1987)


1. Where the Streets Have No Name
2. I Still Haven't Found What I'm Looking For
3. With or Without You
4. Bullet the Blue Sky
5. Running to Stand Still
6. Red Hill Mining Town
7. In God's Country
8. Trip Through Your Wires
9. One Tree Hill
10. Exit
11. Mothers of the Disappeared

いやぁ懐かしいね。
特に2曲目、この曲はほんとよく聴いたね。
タイトルが長いんだけど、サビにくるこのタイトルフレーズがいいんだよ。
当時の俺は、このタイトルで
 ①現在完了=have+過去分詞found
 ②関係代名詞=what
 ③イディオム=look for
を学んだ。
洋楽は、よき英語の先生だからね。

この曲、LIVEだとさらにカッコいいんですが
ちょっと変わったバージョンを紹介しましょう。
なんとゴスペル、です。
本人たちもちゃんと出演しとります。


[PR]
by marquee_m | 2011-02-18 23:06 | music | Comments(0)

4才1か月

e0061304_22322413.jpg

今週は
雪が降ったり雨が降ったり風が強かったり
目まぐるしかった。

帰り道SAに立ち寄って
とわちにお土産を買っていった。
群馬で買ったのに
なぜか、軽井沢のチーズケーキ(−_−;)

この間、チョコのケーキ食べたばかりだから
どうしようかと思ったが
チーズだし、なにより軽井沢だし
と、訳の分からない理由を勝手につけて
せっかくとわちの4才1か月なんだから…

ん、このシチュエーション
そして、このジャスティフィケーション
justification=正当化
以前にもあったような…。

毎月のとわちの誕生日にかこつけて
自分の食べたいもの、たいていは甘いもの
を、買っているんじゃないか
俺は、と
気がついてしまいました。

そんなことなど露ほども知らないとわちは
お土産を手渡すや
シンプルに喜んでガバッと抱きついてきてチュウしてくれた。
とわちのために買ってきたんだよ〜と
ね、ちゃんと理由を伝え
パパも食べていいよ〜と言われるのを待って
で、もちろん喜んで食べるのでした。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-18 20:40 | towa | Comments(0)

メタリックツインリード

e0061304_18115561.jpg

夕焼けがキレイだ。
信号待ちでつい見惚れた。
ゆるいロックを聴いていたのが
なぜか急にメタルが聴きたくなり
しかもツインギターがハモるようなやつ
日本なら聖飢魔Ⅱみたいなの
で、切り替えましたるは
コールドプレイ→アイアンメイデン
メイデンのツインリードが夕暮れにピタッとはまるわぁ。
[PR]
by marquee_m | 2011-02-17 17:06 | songchi | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る