<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

たっぷり夏野菜のパスタ

e0061304_1364183.jpg
トマト、なす、いんげん。

すべて地元産。

お店顔負けの旨さ
である。

我ながら。

ほんとに。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-30 22:36 | cooking | Comments(0)

PISTOL ON THE FIRE

e0061304_057038.jpgもっとも敬愛する作家、三浦綾子。
彼女の最晩年の作品「銃口」のお芝居があることを知った。
これは観なければ…。

どれくらい好きかって。

ひとり敦賀からフェリーに乗り、丸一日かけて航路北海道に到達し、小樽から北上し、稚内、ぐるっと周って摩周湖、釧路に向かって、帯広、富良野、旭川、そして札幌に入り、最後に函館に向かう所持金10万円1ヶ月オール車中泊の貧乏ひとり旅。
と、それくらいのレベル。
三浦作品の舞台を訪ねるこの旅。
「氷点」「塩狩峠」「泥流地帯」「羊が丘」などなど。
旭川の三浦綾子記念館もできたばかりだった。

思えばこの旅で自分を見直すことができたんだよな。

三浦さん。俺の恩人。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-30 00:57 | songchi | Comments(0)

ハッと

e0061304_23443489.jpg気持ちよく寝てるから
私も一緒に休もうかなぁと
買ってきたオムツを置こうとしたとき
うっかり手を滑らし落としてしまい
そしたらとわち、ハッとして目を開けた。

と、昼寝ができなくなってやや不満そうなしずかから
報告があった。

ま、仕方ないねぇ。
土日ゆっくりしようぜ。
来週の結婚式に向けて、キレイにしにいかんとね。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-29 23:44 | towa | Comments(0)

帰り道

e0061304_1554290.jpg注射の報告してね~とお願いしてあって
そのメールが届いた。
腕を押え付けられたときに泣いたくらいで
全然問題なかったみたい。
さすがうちの子!

誇らしいものです。

帰り道の顔!
褒めてあげたいじゃないか。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-27 15:54 | towa | Comments(0)

ひとりぼっちはコワクナイ

e0061304_941724.jpg誰とでも仲良くなって
ともだちになろう~♪

知ってる?

口笛ふいて~空き地へ行った~
知らない子がやってきて~
遊ばないかと笑って行った~♪
確かこんな歌。


今朝は駅まで送ってもらったんだけど、
とわち寝てたから、そのまま置いて出かけた。
しずかがうちに戻ってきたら、起きてたらしい。
泣かずにご機嫌だったって。
罪悪感はあるものの、反面うれしくもある。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-27 09:04 | towa | Comments(0)

1年前

e0061304_233463.jpg
ちょうど1年前のエコー。
とわち当時2cm。
こまめと命名された頃。

懐かしいな。

泣ける。

神さまありがとう。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-25 00:12 | towa | Comments(0)

ALWAYS ON YOUR SIDE

e0061304_2224730.jpg昨年の九月に、俺たち夫婦が紹介したことがきっかけで、弟たちの付き合いは始まった。
一ヶ月後には電光石火の結婚宣言、三月に入籍して一緒に住んでいる。
そして来月七日が結婚式。
あれよあれよという間にいろんなことが決まって進んでる。

当日は人前式にするらしいんだけど、
その証人をうちら夫婦に、とのことらしい。
光栄です。

さて、披露宴で兄弟の出し物を何かしたいな…と考えている。
歌とかバンドとか、音楽にしようかと思っていたが、
あっという間に終わっちゃうし、事前の練習もなかな大変。
悩んで考えた挙句、弟に向けて手紙を書こう、それを朗読しよう
そう決まった。

長男の俺、次男、そして一番下の妹の3人が、
弟との思い出をそれぞれに綴ろう、という企画。

これ、我ながら名案である。
笑いと涙、間違いなしである。

が、この企画には実は、表にできない裏の目的がある。
もちろんこの手紙の朗読は、結婚する弟のためのもので間違いないのだが、手紙を書くに当たって昔を思い出し、そのことで家族、兄弟の絆とか、何ものにも代え難い貴さとか、そういうものに思いを寄せるいい機会なんじゃないかって思ってる。
兄弟がバラバラにならないように、一人ひとりが思いやりをもってお互いに接することができるように、普段なかなか気付かないことにこそ、生きる意味があるってことを理解するために、みんながこの思い出し作業とそれを紡ぐことに時間をかけてほしいと願う。

古いアルバムの中に~かくれて~想い出がいっぱい~♪

思いで探しにと、アルバムを開いてみた。
昭和53年、恐竜展を観に行ったときの1枚。
妹はまだいないから当時5人家族だが、
幸せの原風景がそこにはある。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-24 22:02 | songchi | Comments(0)

運動発達

e0061304_22165971.jpg
三つのことを同時にしている。

足を高く上げて、その足をつかんで遊ぶ。
手をグッと握って、じーっと見て遊ぶ。
あやさなくても、一人でお話しして遊ぶ。

お風呂上がりは特にごきげんで、
全然見飽きることはない。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-24 13:16 | towa | Comments(0)

SAME OLD SONG AND DANCE

e0061304_23111726.jpgザチョ~。
南條 光貴。

岐阜市内の健康ランドでやってる
歌謡ショーを観に行ってきた。
いわゆる旅一座の興行だ。

別段、芝居鑑賞は趣味って訳じゃなく
むしろ、健康ランドは苦手なくらい。

じゃ、なんでわざわざ行ったのかっていうと。
ザチョ~が観たかった、聴きたかったからだ。

4、5年前の冬、
スノボの帰りに下呂温泉に一泊したことがある。
翌日、下呂合掌村にある芝居小屋で
ザチョ~の芝居と歌謡ショーを観た。

こういうの観たの初めてで、だからすごく新鮮で
楽しくて、人間臭くて、帰ってきてからもしばらくは
ザチョ~!がわが家で流行ってた。
あ、ザチョ~ってのは、
座長の南條光貴のショーのときに入る合いの手なんだよ。
大見得を切ったその瞬間に「ザチョ~!!」ってね。

その南條光貴一座が今月は、その岐阜の健康ランドに来ていて
懐かしさが手伝って、家族3人で行ってきた。

ザチョ~は健在でした。
が、芝居小屋と違って、あくまで余興のショーに過ぎず
人情芝居が観たかったのに、全篇歌謡ショーのみだった。
ちぇっ。仕方ないか。

前に観たときは、
お歯黒をたっぷりつけて愛嬌を振りまいていた女の子が
ピンでショーを演じていた。
着実に成長しているのがなんとなくうれしかった。

エンターティナー。
人に喜んでもらえる仕事の大変さと充実感を思う。
その労苦と幸福感を思う。

どんな仕事でも同じか。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-23 23:11 | songchi | Comments(0)

あられもない

e0061304_1402373.jpg
寝汗びっしょり。
起きてオムツ替えて、ついでに
しばらくはだかにしといた。

…うれしいの?
なぜか喜んでいるよ。

おかゆ食べようね~。
[PR]
by marquee_m | 2007-06-23 14:00 | towa | Comments(0)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧