<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

A FREIND OF MINE

ちょうど1年位前、このブログを立ち上げたばっかの頃、
勝ち組、負け組について書いている記事があって
いま、そこを何気なく読んでいた。

1年前の自分かぁって。

小泉チルドレン誕生のときかな、時期的に。

一生懸命語ってるよ、俺。
青臭いよ、なんだか。
でもさ
神様にすがってるじゃん、俺。

なんだか泣けるのは、
東京にいる俺の大切な友人のこのコメントでさ。

・・・相変わらずだね。
 何事にも全力でぶつかって悩んでもがいて苦しんで。
 でもそこがいいところ。
 個人のベクトル・仕事のベクトル、相手とのベクトル・組織とのベクトル。
 俺もしょっちゅう悩まされる。
 すべて人間相手の事だからピッタリ一致することは無いかもしれないね。
 でも理解しようという努力、理解してもらおうという努力を続けることで
 互いに影響を与え合えあえることが出来ると思って頑張ろうよ。
 そこに自分がいた価値があるって信じてさ。

そんな彼も11月に結婚する。
おめでとう。
本当に嬉しいよ。
そして、呼んでくれてありがとう。
喜んで出席するよ。
[PR]
by marquee_m | 2006-09-30 21:48 | songchi | Comments(0)

ALL WE NEED IS LOVE

◆メルシー
noriさん。
妹にジュディマリは歌えん!と、ごねられ
ラブサイコデリコに決まりました。
俺はあんまり知らないんだけど、ま、がんばるか。

さかもと。
Don't go away MAD って、また懐かしいね。
でも違うよ、きっと。
俺がボーカルで肩組んで一緒に歌ってるんだよ。
あ、俺が絡んでるのかもな。
分からんね。いい思い出だからいいや。
OB会、今年は11/11なんだってね。
行きたいけど、今年はどうかな。


◆かみさま
「主よ、終わりまで」という讃美歌がある。
俺が最も好きな讃美歌である。
歌詞は4番まであって、後半決まって涙ぐむ。
そういう意味では、チェッカーズの「時のK‐city」に近い。

この賛美歌には心を震わすフレーズがいくつかあって

~この世のさかえ 目を惑わし 誘惑の声 耳に満ちて
 敵は外にも 内にもある お守りください 主よ、私を

頭を垂れて、謙虚になって、神さまに従います、と
そんな気持ちになれる、宝物のような歌。

クリスチャンになって何年か経つが
形式的には、聖書を読んだり、礼拝に出席したり、と
なんとかかんとかこなしてはいる。


◆平穏
人は、平和だと神や仏の力に依り頼もうとはしない。
俺だってそうだ。
クリスチャンとはいっても、祈らないんだ。
そんなのクリスチャンじゃない。

この5年間は、海で例えるならさざなみ。
大きく波立つことなく、穏やかに過ごすことができたと思う。
結婚して5年も恋人同士のように愛し合うことができる
それ自体が稀有のことなんだといま思う。

5年が過ぎて、だから、子どもを授かったんだと思う。
もう大丈夫だよって、肩を押されたんだと思う。
俺たち夫婦が。


◆あらし
次のステージに進むということは、それに伴って
今までは見えてこなかった、出会わなかった
いろいろな出来事に遭遇する。

あたかも、荒野でサタンの誘惑を受けたキリストのように。

「おまえは本当に子どもを持つ資格があるのか」
「おまえのもとに子どもを授けたのは間違いじゃなかったか」

子どもを持つということが、これほどまでに重く感じるとは
露ほども思っていなかった。
幸せじゃんってことくらいしか。

朝の来ない夜がないように、
決して静まることのない嵐もない。


◆祈り
初めて「神さま、助けてください」と祈った。
「どうすればいいのか教えてください」と、心から祈った。
自分の力で何でもできると思っていたし、
自分はそれができる人間だと思ってきた。
そして、いまもそれは消えずに自分の中にある。

しかし、現実には、
自分の力ではどうすることもできないことがあるって。
思うようにならないことなんてたくさんあるって。

知った。

ようやく知った。
俺は大バカだ。

やさしいね、とよく言われる。
それに気を良くしている自分。
うそだ。

俺は全然やさしくなんかない。


◆10月8日
来週の日曜日。
結婚5周年記念日。
しずかはいつも俺がプレゼントした
シルバーのクロスのネックレスをつけてくれている。

5周年だからプラチナやらダイヤやらで
グレードアップしようか、と細々と貯金してきた。
笑い話だが、
この前お店に行ったら、俺の貯金額を大幅に上回る値段ばかり
打ちひしがれてしまったよ。

クリスマスかバレンタインまで待ってもらわないと。

こまめの胎動を感じながら、
幸せな5周年記念日を迎えられたらいいな。
[PR]
by marquee_m | 2006-09-30 21:35 | songchi | Comments(0)

POWER OF EQUARITY

◎またまた
この前が7月で、その前が5月で。
今日は9月18日。
ブログ始めて1年が過ぎたが
活用するどころか、真逆の状態の今。
さっきまでエアコン掃除してた。
1時間以上の格闘を終え、ココにいる。
エアロスミスを聴いている。
3rd~5thをランダムで延々とかけ続けている。
名盤さ、ね。
あ、Home Tonightだ。
涙が出るんだよな、この曲。
早朝の新聞配達してた高校んときを思い出すよ。

…この2ヶ月を振り返ってみようかな。

◎ありがとう
7月の書き込みで"こまめ"報告をしましたが
お祝いのメッセージをいろいろいただきました。
おひとりずつに感謝を。

>さかもとへ
この前、写真の整理してたら、
さかもとと肩組んで唄ってる写真見つけたよ。
もちろんザンギリ頭で、チェックのウエスタンシャツ着て
ポックリシューズ履いてたよ。
何唄ってたのかな。
リトルウィリーかな。
ナツカシ!

>しのださん
会社で「すや」さんの栗きんとんを食べました。
ビックリするくらいおいしかったから
どんな名店かと思ったら
名店も名店、ということでした。
全く無知でしたが、そこが中津川だっていうんで
しのださん元気かなって思ってました。
今年はOB会ありますかね。
といっても行けないかもしれないけど。
のりから「あるの?」ってメールきたんだけどね、
俺に聞くのはね、ギフだし、野暮だろと思うけど。

>snowさん
先日電話いただいたようで。
本当にパタッと何もしなくなっちゃって。
ごめんごめん。
ブログも全然覗いてないんだよ。
よくさ、バリスタってコトバ出てくるでしょ、ブログに。
実は、あれ、よく意味わかってなくて。
昨日はじめて知ったんだよ。
「カフェをはじめる人の本」ってのを図書館で借りてさ
そんときにいろいろ読んでたら、バリスタの定義が載ってたよ。
あこがれるね、単純に。

>noriさん
まおやハナは元気かい。
ハナは俺、産まれたとき病院で会ったっきりだな確か。
仕事も順調かな。
近くにいるから遊べるのにね。
しずかと映画にもいけるのにね。
俺は名字で呼んでるのに、しずかは"のり"だからね。
違和感があるけど、そこには親愛が感じられるよね。

>支局長
1年経っちゃったね。
今度彼女とうちに来てよ。
絶品パスタごちそうするから。
赤飯饅頭の御礼さ。
それから妊婦しずかの神々しい写真を撮ってやってくださいな。

◎こまめ
6ヶ月に突入しました。
10ヶ月でこの世に出てくるということは
ちょうど折り返し地点ってことです。
10日ほど前に検診に行ってきました。
いたって順調とのことで、ひと安心です。
もしかしたら性別が分かるかも、と聞いてたので
楽しみにしてましたが、終始横向きで分からずじまいでした。
名付け本、用意してたのに。
来月のお楽しみに。
しずかのおなかもだんだん張り出してきて
ぱっと見にも妊婦だということが分かるようになりました。
何をするにもしんどそう。
毎晩おなかにクリームを刷り込んでます。
それが終わると、俺がおへそから語りかけてます。
これが非常に癒される、ということが分かりました。
最初は単に「元気に育ってね」とか「いま何してんの」って
問いかけだったのに、徐々に
嬉しかったこととか、悲しかったこととか、のような
日々の報告みたいになってきて、そこに
将来のこと話したり、カラダのこと話したり
まるでこまめは物言わぬカウンセラーのようなものです。
あ、アニマルセラピーに近いかも。
おなかに触れると、ビクンビクンと動いていたり
グルグルまわっていたり、たぶんそう動いてるんだろうと
楽しい想像をしながら、羊水に浸かっているこまめに思いを寄せています。
幸せな時間です。

◎さきのこと
こまめ誕生のことを考えて、
ビデオカメラ買わなきゃ、とかチャイルドシートもいるね、とか
いやいやそれよりいま着る服ないって、とか
思考がいっきに変わりました。
当たり前か。
アルカリイオン整水器を買いました、まずは。
整水器、一発で変換できないよ。
やっぱ水でしょ、ってことになって。
便通いいし、ごはんもなんだか美味いし、何より気分がいい。
しずかは、オーガニックコットンでこまめのクツを編むんだって。
えっ。家事の中で編み物・縫い物が最もできないって言ってたのに。
凄いです。もう片方編み終えました。
母の愛です。
俺はアルミのフライパンを買おうか、と検討中。
パスタに欠かせないから。
こまめに関係ないように思えるでしょうが
実はあるんです。
将来お店やりたいから。
パン職人(ブーランジェっていうんだっけか)目指して奮闘してた
25歳の幻の3ヶ月。あのときの気持ちは忘れていないわけです。
カフェ、雑貨みたいなのや、パスタもあるぞ、とか
夜は塾になってたり、とか。
想像を膨らましてるんです。
しずかには「牧歌的だね~」と冷ややかに笑われながら。
でも、素人だろうができないことはないと思って
がんばろうと思ってます。
原動力は家族のため、ってのがあると思っている。
だから、こまめにも大いに関係あることなんです。

◎おんがく
うちで聴く音楽がロックじゃなくなった。
確かに、胎教にはよくないか。
だから、もっぱらボサノバになりました。
ナラ・レオを買おうと思って、間違えて買っちゃったナレオも
間違えたわりには、気に入ってよく聴いています。
ハワイアンなんだけど、
70'sのキャロルキングとかカーペンターズみたいなのもあって。
おんがく。
そうそう、兄弟でバンドを結成しました。
昨日のことです。
昨日は、家族会議で今後のことについて話し合いがあったんですが
それが引けたあと、兄弟4人でなにか新しいことできないかって
新規のビジネスを、なんてカッコのよいことも話しましたが
バンドやろうぜ!には全員一致で賛成でした。
オレ=ドラム、上弟=ベース(高校の時にBOΦWYのコピバンのみ経験)
下弟=ギター(彼はずっと一緒にバンドやってきたから大丈夫)、
末妹=ボーカル(カラオケ専門でバンド経験ナシ)
目指せジャクソン5。
ジュディマリのコピーをやろうってことで話がまとまりました。
コレ、実はオレの長年の夢でした。
4人兄弟ってそんなにいないだろうし、それよりも
俺が高校のときに妹はまだ保育園とかで、そのあと
東京に行っちゃったし、こっちに戻ってきたころには
弟たちも家を出ていて、つまり、兄弟や家族全員で食卓を囲んだという
思い出がそんなにない、そのことに気がついたんです。
だから、30前後の年齢になって、家庭を持つようになって
なんとなくうちら兄弟、疎遠じゃない?って思うようになったんだと思う。
それを変えたくて。
練習して、様になったら、ライブやりたいよ。
子どもたちが「パパ~っ!」って言ってる姿、たまらないじゃないか。
親のかっこいい姿は、子どもにとって宝物になる、
はず。

◎ライフログ
右欄にあるところに載せました。
上の本は、遠藤周作です。
待ち合わせの時間潰しに買いましたがなかなかよかったです。
女性向けに書かれてるエッセイです。
時代を全く感じさせません。
クリスチャンなのに仏教に対する造詣も深く驚かされます。
下のCDは愛するロックバンド、ブラッククロウズ。
下世話ネタだと、ボーカルのクリス・ロビンソンは
ケイト・ハドソンと最近破局しました。
「あの頃ペニーレインと」を観て惚れてしまったキュートなケイトが
クリスと結婚したって聞いたときは、映画みたいじゃん!
って小躍りしました。子どもも生まれ、クリスのソロアルバムには
Katie Dearなんてモロの曲もあったってのに、
というブラッククロウズの新譜です。
今月末の発売です。
新譜といっても、未発表曲の寄せ集めです。
が、ファンにとっては垂涎ものです。2枚組だし。
買わねば。


長くなりました。
おわりです。
[PR]
by marquee_m | 2006-09-18 15:25 | songchi | Comments(2)

家族3人のつれづれなる日々を綴ります。


by marquee_m
プロフィールを見る
画像一覧